スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Mt.富士ヒルクライム・パワーアップ計画 ~第3回 MTBステージの新設~

昨日は東京出張で夜遅くの帰宅となったため、ブログの更新ができず、1日遅れの更新となりました。
Mt.富士ヒルクライム・パワーアップ計画の第3回は、MTBステージの新設についてお話します。

ヒルクライムやマラソンなど、舗装路のコースを使って、街や自然の中を走るスポーツの競技人口は、この10年間くらい、ずっと右肩上がりで増えてきました。
それが当たり前になると、「もっと自然を感じられる中で走りたい!」、「もっと厳しい条件の道を走りたい!」と、人間の欲望には限りが有りません。

そういう人たちが増えて、マウンテンバイクやトレイルランの愛好者が増えているようです。
Mt.富士ヒルクライムのMTBの部は2012年大会まで有ったのですが、参加者数は60~80名程度で、結局2013年大会から廃止されてしまいました。
どう考えてもスバルラインはロードが主役で、MTB参加者は少数派であることに加え、昨年は第10回の記念大会のため、ロードの参加者枠をできるだけ確保したかったたからか、廃止の理由は定かではありません。

それならいっそ、MTB部門だけ切り離して、Mt.富士ヒルクライムMTBステージという新しい大会を作ろうという発送です。

しかし、第1回で書いたように、スバルラインの貸し切りは簡単ではありません。
自分はマウンテンバイクは乗らないのでよく知らないのですが、ロードバイクほどの参加者数が期待できない場合は、ズハルラインの貸切は難しいかもしれません。

また、今は年間1回の貸切を、いきなり4回にするのは現実的ではないかもしれません。

このため、MTBステージについては、ズハルラインを使わず、富士山に向かってスバルラインよりも東側にある滝沢林道での開催がいいと思います。

Mt.富士ヒルクライムのスタート地点である富士北麓公園を出て最初のT字路を右に行くとスバルですが、滝沢林道は最初のT字路を左折し、次のT字路を右折して、富士山の登山道の起点である中の茶屋の所から左斜め上の方に登って行く県営林道です。
20120526-10.jpg

滝沢林道については、ブログの一昨年のこちらの記事をご覧ください。

四合目上の山小屋である「佐藤小屋」の所で登山者用の登山道と交差しています。
滝沢林道は佐藤小屋の所までは舗装して有りますが、そこから五合目までは未舗装です。

20120526-14.jpg
また、普段は佐藤小屋の少し下のところでゲートが閉鎖されていて、一般車両は滝沢林道経由で五合目までは行かれません。

これも噂で聞いた程度で定かでは有りませんが、第一回のMt.富士ヒルクライムの開催を検討する際に、もしスバルラインの貸切が出来なければ、こちらの滝沢林道を使うことも考えたとか。
しかし結局五合目までに未舗装部分が有るため、スバルラインにしたようです。

しかし、MTBの専用大会なら、この点も問題なく、スバルラインの貸切も不要ですから、富士山観光のトップシーズンに開催する事も可能です。
スバルラインほどの幅員は無いので、下山をどうするかなどの問題は有りますが、MTBの部を独立させれば、もっとたくさんのMTB愛好者が参加できるはずです。
また、MTBの参加枠が空けば、ロードの参加者数枠をそれだけ増やすことができます。

でも、MTBの選手は、ダートのアップダウンのあるコースの方がお好みなんでしょうかね。
そうだとしたら、佐藤小屋から上のダート部分に加え、途中で枝道に入ってダートコースを増やすようなことはできないものでしょうか?
このあたりは自分がMTBをやらないのでよくわかりません。

次回は、ヘルメット規制や走行規制などについて書いてみたいと思います。

↓ バナークリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク スペシャライズド ヒルクライム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

penchan

Author:penchan
山梨のシニアサイクリストです。
メタボ対策で40代半ばで自転車にのり始め、その楽しさにすっかり魅せられてしまいました。
山梨のお奨めのサイクリングルートなどもご紹介しますので、ご覧ください。

はじめまして!
2009eco-cycling

毎日富士山を見ながら、通勤は碧色のクロモリを、遊びや大会はカーボンロードを転がしています。

検索フォーム
カテゴリ
fc2カウンター
fc2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。