サクランボの季節

今日も山梨はうだるような天気ですが、朝夕の自転車通勤は快適です♪

201406031213038f2.jpg
通勤途中の沿道のサクランボ。
地元の南アルプス市の旧白根町エリアでは、サクランボが最盛期を迎えています。

土日はサクランボ狩りの観光バスや家族連れのマイカーで路上駐車があふれかえっています。

20140603121303d70.jpg
サクランボ狩りの料金は、農園によって違いますが、30~40分の食べ放題でで大人1人2千円前後のところが多いようです。
ただし、カバンやポケットに入れて持ち帰るのは厳禁です。
ここのところは、どの農園も見ていないふりをして、じつはしっかり見ています。
わずかばかりのことで不愉快な思いをして、一日が台無しになってもつまらないですね。

「南アルプス市」、「サクランボ狩り」の二つのキーワードで検索すると、個人の観光農園のホームページがたくさんでてきます。
一度体験されてみてはいかがでしょうか?

高級フルーツなので、夜間の盗難も毎年何件か発生し、地元の農家が見回り団のようなものを組織し、パトロールしてるようです。

基本的に盗むのは県外などのプロの泥棒。
地元の人間は盗まないです(たぶん)。

①友達や親戚など知り合いの農園が多い。
②サクランボの収穫までどれくらい手間がかかるか、よく知っている。
③そもそも食べ慣れているので、盗むリスクを冒してまで食べる気にならない。

などの理由が考えられます。
我が家は昔は庭の畑で1本だけ作っていましたが、今は作っていません。
それでも、毎年ご近所や親戚などから頂き物で、しっかり味覚を楽しんでます。

20140603121303830.jpg
昔はほとんどの農家が農協に出荷していましたが、今では観光農園にしているところが多いようです。

サクランボの収穫期は短く、
昔は、出荷の最盛期の農家は、家族全員で徹夜で箱詰めやパック詰めをして出荷していました。

この点、観光農園はお客さんが自分で畑まで来て、自分でお金を払って、実をもいでいってくれるわけで、予約管理など、きちんと顧客対応のノウハウさえ身につけてしまえば、現金商売で美味しいようです。

ゆうべ冷蔵庫の中を見たら、前の日は無かったサクランボが冷蔵室に入ってました。
頂き物ですが、今夜の食後のフルーツに出て来るでしょう。

俺の分、ちゃんと残しとけよな(笑)

↓ バナークリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ビアンキ ルポ サイクリング サクランボ狩り

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

penchan

Author:penchan
山梨のシニアサイクリストです。
メタボ対策で40代半ばで自転車にのり始め、その楽しさにすっかり魅せられてしまいました。
山梨のお奨めのサイクリングルートなどもご紹介しますので、ご覧ください。

はじめまして!
2009eco-cycling

毎日富士山を見ながら、通勤は碧色のクロモリを、遊びや大会はカーボンロードを転がしています。

検索フォーム
カテゴリ
fc2カウンター
fc2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR