スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

山田の神楽獅子(やまだのかぐらしし)

今日は、朝8時40分に家を出て、甲西バイパスを南下。
裏起毛の厚手のスポーツインナーに長袖のサイクルジャージ。
更にその上にウィンドブレークジャージを着込み、手袋も2枚重ね。

国道52号線の西島トンネル手前で国道から左に分かれ、富士川を渡って、市川三郷町六郷方面に。
県道409号線から、県道9号線の「岩間」の三叉路に突き当たったら左折。
少し北上すると「落居駅」の案内標識を右折。
駅の脇の踏切を渡って左折し、線路沿いに北上。

20140112200225574.jpg
道なりに進むと、左側に道祖神が有ります。
JR身延線落居駅から自転車で約1分。ここが目的地。
山田の神楽獅子」の舞台です。
詳細はコチラをご覧ください。

201401122002256de.jpg
立派な獅子舞が鎮座してます。
この獅子のお面は割と新しいです。

20140112204003791.jpg
コチラが、先代の獅子のお面。
塗料もはげてお役ご免となりましたが、
御神輿の中に大切に納められていました。

20140112200225ec5.jpg
地域の皆さんや、地域外から来た見物客が集まって来ました。
ラジオなどでイベント告知が有ったので、地域以外からも大勢の人が来てました。

20140112200225627.jpg
御神酒が振る舞われました。

20140112200225105.jpg
太鼓と笛のお囃子が始まりました。

2014011220022568e.jpg
道祖神の前で獅子舞の神楽の献納の舞が始まりました。

20140112204637ce8.jpg
3百年前、「重兵衛」と称するものが京都へ行き、優雅な獅子舞を習い習得。
それを郷里に帰って村の若衆に伝授し、道祖神祭にてこれを演じたのが始まりと伝えられています。

20140112204637d4b.jpg
近郷近在の人々から次第に親しまれるようになり、獅子といえば「山田の狂い獅子」と言われるほど有名に。

20140112204637cc8.jpg
毎年1月14日に近い日曜日、厄年の悪魔はらい、男女初産児の無事息災、新婚天婦の和合、新築家屋の安奉などのために、集落道祖神に献舞した後、集落の祝い事が有った家にへ向かいます。

20140112204637f40.jpg
獅子の舞手の後ろで介添えをする人のズボンもおめでたい紅白のツートン(笑)

20140112210137e8c.jpg

20140112210137206.jpg
最後は再び布を広げての舞。

20140112210137345.jpg
約10分くらいで、舞が終了しました。
この後は、地区の公民館に所を移して、別の舞を披露するそうです。

20140112210137e0e.jpg
道祖神前の獅子舞が終わったところで、帰途に。
帰りは県道9号線の新割石トンネル経由で市川大門方面に。
途中の河原で、ここでも小正月の準備をしてました。

「どんど焼き」といって、、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。

2014011221411754b.jpg
市川大門の黒沢で左折し、身延線の鰍沢口の前を抜けて富士川の堤防に出ました。

20140112214117a48.jpg
コチラでも小正月の準備をしてました。

その地区の子供達が燃やす材料調達から組み立て、飾り付けまで行い、火を着けたら、木の枝にお団子を着けて、火にあぶって食べると病気をしないという言い伝えが。

また、その火の中に習字の作品などを入れて、灰が高く舞い上がると書道が上達するなどの言い伝えも有ります。

自分も子供が小さい頃に、地区の育成会の会長として、地区の各家を子供を連れて回り、薪などを集めて回りました。
子供が運営するお祭りなのですが、地域のお年寄りなどはみんな楽しみにしていて、お団子を枝に刺して集まって来ます。
世代を越えて受け継がれていく、こういう風習は大事にしていきたいものです。

201401122141175ac.jpg
富士川の土手を北上し、建設中の中部横断自動車道の橋脚の下を通過。
今日は、はるか向こうに八ヶ岳がきれいに見えます。

更に富士川を北上。

20140112214117f12.jpg
甲西バイパスに出て、家に向かう途中で少し寄り道したら、新しい道が出来ていました。

2014011221411773a.jpg
南に向かって走ると、正面に富士山。

20140112214117079.jpg
日田に向かって走ると、右手前に八ヶ岳。

信号もなくて、気持ちよく走れる道がまた一つ出来ました。

白根の飯野地区から富士川町方面に向かう場合は、この道を使った方が良いようです。

お昼過ぎに家に戻って昼食。
夕方から、もう一つ、小正月の行事を見に行く予定です。

↓ バナークリックにご協力をお願いします。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ビアンキ ルポ サイクリング 山田の神楽獅子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

penchan

Author:penchan
山梨のシニアサイクリストです。
メタボ対策で40代半ばで自転車にのり始め、その楽しさにすっかり魅せられてしまいました。
山梨のお奨めのサイクリングルートなどもご紹介しますので、ご覧ください。

はじめまして!
2009eco-cycling

毎日富士山を見ながら、通勤は碧色のクロモリを、遊びや大会はカーボンロードを転がしています。

検索フォーム
カテゴリ
fc2カウンター
fc2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。