スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

落語会に来行ってきました

20131223131208535.jpg
風も無く、穏やかな三連休の最終日。
今日は落語会に来てます。

20131223131208b51.jpg
富士川町の「ますほ文化ホール」の「小満ん・喬太郎二人会」。

20131223132703ab6.jpg
ポスターにある「ひーさん縁り 名人文楽十八番集の意味ですが、「ひーさん」とは、地元富士川町(旧増穂町)出身で、甲州商人のとしての商才にたけ、大正・昭和の時代に財をなした樋口由恵のこと。

この「ひーさん」が、名人と言われた八代目桂文楽を「ごひいき」にした「旦那筋」であったことから、その愛弟子の「柳家小満ん」と柳家一門の「柳家喬太郎」の二人会が富士川町で開催されることになったようです。

ポスターの写真の4人の顔ぶれを見ると、この「ひーさん」が伝説の名人と言われる多くの落語家とつながりがあったことがわかります。

出演者のプロフィールは、その下にあります。

話は、前座の「林家わさび」の「松山鏡」からスタート。
前座とはいえ、若いのに技術がしっかりしていて、実に面白い。
話の筋もわかりやすく、しょっぱなから笑わしてもらいました。

二番目が柳家喬太郎の「按摩の炬燵(あんまのこたつ)」。
一人で酒を飲みながら、だんだんと酔っぱらっていくところが見せ場でしょうか。
この芸は見事。見に来た甲斐がありました。

柳家喬太郎は、同年代の噺家さんの中でもダントツにCD、DVDリリースの多いようです。
そしてそれは人気と実力の証でもあるとのこと。

最後の小満ん師匠の「つるつる」。
話のあらすじと、「ひーさん」の話がこちらのサイトに載ってます。

やっぱり落語は面白い。
柳家喬太郎は、来年の3月15日の土曜日にも、甲斐市双葉のふれあい文化館で落語をやるようです。
また見に行きたいな~。

落語といえば、前にこのブログで書いたとおり、自分が落語を聞くようになったきっかけは、NHKの朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の放送を見たことがきっかけです。

自分の中では、「ゲゲゲの女房」や「あまちゃん」がどんなに人気になろうと、朝ドラの最高傑作は「ちりとてちん」です。

その「ちりとてちん」ですが、現在、また再放送をやってます。
月~土の毎日朝7時15分から30分まで、NHK-BSプレミアムで放送中です。

毎日、DVDに録画して見返してますが、何度見てもいい話です。

↓ バナークリックにご協力をお願いします。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ビアンキ ルポ サイクリング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

penchan

Author:penchan
山梨のシニアサイクリストです。
メタボ対策で40代半ばで自転車にのり始め、その楽しさにすっかり魅せられてしまいました。
山梨のお奨めのサイクリングルートなどもご紹介しますので、ご覧ください。

はじめまして!
2009eco-cycling

毎日富士山を見ながら、通勤は碧色のクロモリを、遊びや大会はカーボンロードを転がしています。

検索フォーム
カテゴリ
fc2カウンター
fc2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。