松姫トンネル開通!


20141030214041dec.jpg
今日も秋晴れの良い天気でしたね。

2014103021404182c.jpg
帰りにスーパーで見つけた「一番搾り・とれたてホップ」。
マイフェバリット・ビールの一つです。
ホップの青臭い香りが大好きなので、さっそく6本セットを買ってきました。

さて、話はガラッと変わりますが、大月市と小菅村を結ぶ国道139号松姫バイパスが、11月17日(月)の午後2時から通行可能となるようです。

コチラの記事をご覧ください。

記事によれば、つづら折りの峠道約14キロの区間が、3・8キロのバイパスでショートカットされるそうです。

自分はまだ、松姫峠に挑戦したことがないのですが、自転車乗りにとっては、朗報なのでしょうかね?

まあ、自転車で峠を楽に越えられるのは良いことですし、今までどおりの峠越えに挑戦したい人は御坂や笹子のように旧道を通れば良いわけで、選択肢が増えたのは良いことでしょうね。

もう一つ気になるのは、トンネルを自転車で通るのがどうなのかという点ですね。
新しく完成した松姫トンネルの長さは3,066m。
トンネル内の勾配がどうなのか解りませんが、仮に平均時速30kmで走ると、約6分かかる計算ですね。

県内の一般国道のトンネルとしては、有料の雁坂トンネルの6,625mには及びませんが、国道137号の新御坂トンネルの2,778mや、県道の若彦トンネルの2,615mを大きく上回ります。

県庁の担当課に聞いたところでは、特段の通行規制はしないので、人も自転車もトンネルは通行可能だそうです。
トンネルの両端には、車道より1段高い幅員75cmの歩行可能部分と、その下に幅50cmの路側帯を設けるそうです。
若彦トンネルと同じような感じでしょうかね。

朝日新聞の記事では、大月~小菅間が60分かかっていたのが30分になることや、談合坂の何時間もかかる渋滞回避のため、奥多摩経由で関越道に抜ける車の利用などで、通行量の増加が予想されるようなことが書いてあります。

バイパス以外の部分は従来の国道のままですから、自転車で走るのが危険なほど車の通行量が増えるのも困りものではありますが。

まあ、開通してみないと何とも言えないですね。

↓ バナークリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

penchan

Author:penchan
山梨のシニアサイクリストです。
メタボ対策で40代半ばで自転車にのり始め、その楽しさにすっかり魅せられてしまいました。
山梨のお奨めのサイクリングルートなどもご紹介しますので、ご覧ください。

はじめまして!
2009eco-cycling

毎日富士山を見ながら、通勤は碧色のクロモリを、遊びや大会はカーボンロードを転がしています。

検索フォーム
カテゴリ
fc2カウンター
fc2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR