自転車関連グッズ&サービス

自転車に乗る人が増えてくると、色々な人が、色々なアイデアを考えるものですね。

ルーフミラー
上の写真は、自転車情報サイト「cyclist」で紹介されていた「ルーフスコープ」という商品です。
運転しながら、車のルーフキャリアに積んだ自転車の様子が確認できる商品です。
もし万が一、車の走行中にルーフキャリアから自転車が落ちたら、20~30万円が一瞬にしてパーになってしまうわけで、気持ちはわからない訳ではありませんね。
どう考えても、高額なロードバイクをルーフキャリアに積んで走っている人しか思いつかない発想ですね。

まあ、気になってしょっちゅうミラーを観て、脇見運転で逆に危ないとも言えますし、そもそも、屋根から落ちるところが見えても、既に手遅れな訳ですが、走行中の自転車の揺れ具合のチェックや、ガード下をくぐるときに自転車が上に着かないがなどのチェックにも使えるので、それない利用価値はありそうですね。
4,000円出して買うかどうか・・・

余談ですが、過日の「ツールド富士川」の時、大会運営事務局の方から、「日向涼子さんをホテルから会場まで送迎してもらえませんか?」という、夢のようなお願いをされました。

実は、前に乗っていたステップワゴンは、あまりに燃費を食い過ぎたので、現在は軽自動車のリアシートを倒して、前後輪を外して自転車を積み、あちこちの大会に参戦してます。

高速料金も燃料費も、ステップワゴンより遙かに安上がりで財布に優しい車なのですが、自分の安物の自転車を積むのならともかく、日向さんの高価な「リド様」を自分の軽自動車に積んで、もしものことが有れば取り返しがつかない。

ということで、小心者のオッチャンサイクリストは、断腸の思いで、オフィスの部下に美味しい役割を譲りました。
でもまあ、会場で名刺交換させていただいたので、今後のご縁に期待(笑)

サイクルトレイン
上の写真は、同じく「cyclist」で紹介されていた、南房総の自然を堪能するサイクリングイベント「Station Ride in 南房総」の昨年の開催状況の写真です。
団体専用臨時列車「サイクルトレイン南房総」で、JR両国駅から会場近くのJR館山駅までの往復して、降りた先でサイクリングを楽しむイベントらしいです。

自転車は、1台ごとにベルトで2つのつり革に前をつり下げ、後輪は移動式のラックで支える方式みたいですね。
これなら、よほどの急ブレーキでもない限り、隣の自転車と干渉する心配もなさそうです。

JR東日本さん、山梨向けのサイクルトレインも運行してもらえませんんかね?

↓ バナークリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ビアンキ ルポ サイクリング スペシャライズド ヒルクライム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

penchan

Author:penchan
山梨のシニアサイクリストです。
メタボ対策で40代半ばで自転車にのり始め、その楽しさにすっかり魅せられてしまいました。
山梨のお奨めのサイクリングルートなどもご紹介しますので、ご覧ください。

はじめまして!
2009eco-cycling

毎日富士山を見ながら、通勤は碧色のクロモリを、遊びや大会はカーボンロードを転がしています。

検索フォーム
カテゴリ
fc2カウンター
fc2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR