スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

小室山妙法寺あじさい祭


富士川町の妙法寺のあじさいが見頃とのことで、
見物に来ました。

DSC_0016_20120630202221.jpg
入り口であじさいの管理の協力金200円を払い、
坂を登っていきます。

DSC_0017_20120630202220.jpg
とりあえず、靴を脱いで回廊を本堂に向かいます。

DSC_0019_20120630202219.jpg
まずは、お参りを。

DSC_0021_20120630202218.jpg
明日のツールド美ヶ原がいい天気で、
いい記録が出せますように。
明日の小瀬のFC 岐阜戦で、
スカッと勝てますように。
家族が健康で仕事が上手くいきますように。
「お前、いい加減にしろよ」 という仏様の声が
聞こえて来そうです。

DSC_0023_20120630205039.jpg
お寺の境内には、地元の皆さんが色々な
テントブースを出していました。

DSC_0025_20120630205038.jpg
ちょうど見頃か、少し早いか?

DSC_0027_20120630205037.jpg
鐘楼に登って上から眺めると、こんな感じです。

DSC_0028_20120630205036.jpg
鐘楼の下の石段の左右の園路付近。

DSC_0031_20120630205034.jpg
あじさいは花のグラデーションが好きです。

DSC_0034.jpg
顎あじさいは今から見頃になりそうです。

DSC_0035.jpg
そろそろ松本に向かいます。
ツールド美ヶ原は今年も天気がイマイチですが、
とりあえず、出かけます。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ルポ サイクリング ポタリング

甘利山ヒルクライムのコース攻略法

甘利山ヒルクライムのコース攻略法が
大会のオフィシャルサイトにアップされました。
こちらです。

チームマトリックスの向川選手が実際に試走してみての
攻略法だそうです。

一度、試走に行こうと思いつつ、
結局未だに試走出来ていません。

そうこうしているうちに、
甘利山がツツジのシーズンを迎えてしまいました。
車が多いので、7月15日までは試走を
ご遠慮くださいとのアナウンスが公式サイトに・・・(涙)

試走は、早くても来月後半になりそうです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ヒルクライム スペシャライズド ビアンキ ルポ

サイクリング・バスツアー

今年から、東京発で富士五湖行きの
まったく新しいスタイルの
サイクリングバスツアーが始まりました。
こちらのツアーです。

今までは、サイクリングツアーと言えば、
ツアー先の観光地でレンタサイクルを楽しむツアーや
サイクルイベント等での航空機を使った搬送サービス付きのツアー、
宅配便を使って自転車を観光地に搬送して
サイクリングを楽しむツアーなどの事例がありました。

今年になって、国際興業トラベルがまったく新しく形の
サイクリングバスツアーのサービスを始めました。

簡単に言うと、バスでお客さんと自転車を
一緒に運んでしまうツアーです。

ツアーの詳細はこちらのページをご覧ください。

問題は、どうやって観光バスで自転車を運ぶかですが、
こうやって運ぶそうです。
前後輪を外して、専用の車載ラックに載せて運ぶようです。

興味があったので、国際興業トラベルの担当の人に
色々聞いてみたところ、親切に教えてくれました。

そもそもこのようなサービスを考えついたのは、
観光バスも技術革新が進み、床下のトランクルームを
かなり広く取れるようになったからだそうです。

最初は輪行箱を使っていたのですが、
現在は、専用のラックを使うように改善したそうです。

床下に14台、バスの車内の後部のサロン席の部分に
10台くらい積載可能とのことです。

ツアー代金は東京駅、新宿駅発のどちらも1人5,980円。
旅行代金に含まれるのは往復のバス代と保険料のみ。

高速代金やガソリン代を考えると、1人で行くなら
こちらのバスのほうが旅行保険も込みでお得かもしれません。
二人で車で行くとなると、マイカーのほうが割安ですが、
運転しなくても、寝ていても連れて行ってくれるので、
気楽ではあります。

既に6月16日に、初めての富士五湖行きのツアーを
催行したようです。
富士北麓行きのツアーの他に、群馬の上野村行きのツアーも
あるようです。

7月14日の河口湖行きのツアーの様子を見に行ってみようと思います。
皆さんも一度このバスを利用して、
山梨のサイクリングを楽しんでみてください。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク サイクリング バスツアー 国際興業 富士北麓

グルメツーリング in 河口湖

20120624-1.jpg
今日は北麓駐車場のサイクルイベントに
運営スタッフとして参加してきました。

イベントは、富士北麓の市町村等で構成する協議会が、
富士山の麓に自転車による周遊観光を定着させることを
目的として実施したものです。
イベントの内容はこちらをご覧ください。

20120624-3.jpg
イベントの運営は、雑誌「ファンライド」を刊行し
Mt.富士ヒルクライムを運営する(株)アールビーズに
お願いしました。
出発前に、参加者の皆さんに注意事項の説明や
自転車の点検の作業を説明しています。

20120624-2.jpg
いよいよスタートです。
いくつかのグループに分かれてスタートです。
写真は午後の部の第1組のスタートです。

DSC_0010.jpg
イベント参加者の立ち寄りスポットを2つだけ紹介します。
2番目のチェックポイントの河口浅間神社(かわぐちあさまじんじゃ)です。
ここは最近、カップルのパワースポットとして注目されています。
DSC_0012.jpg
カップルに人気の理由はこちらの国の天然記念物の
7本杉のうち、2つ並んで立つ5番と6番の杉です。

DSC_0011.jpg
この杉の前に来たら、男性はこの2本杉の右側の外を、
女性は左側の外を回り、向こう側で落ち合ったら、
二人で2本杉の真ん中を通って戻ってくるそうです。

こうするとはこのようにすると、
「結縁疑いなしと伝えられる」そうです。

20120624-4.jpg
もう一カ所は八木崎公園です。
現在ハーブフェスティバルが行われており、
早咲きのラベンダーは既に見頃となっています。
株の数が一番多い遅咲きは来週末ぐらいが見頃と思います。
もう一つのハーブフェスティバルの会場「大石公園」は
まだ少し速い感じでした。

20120624-5.jpg
今年はラベンダーの色付きが遅いので、
来週と再来週くらいは十分楽しめそうです。

なお、このイベントの模様は、7月20日発売の
ファンライド8月号で紹介されますので、ご覧ください。

9月頃に、中上級者向けの第2弾のイベントも開催予定です。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク スペシャライズド ビアンキ ルポ サイクリング ポタリング

ワンコイン・サイクリング!

20120616-c1.jpg
富士北麓駐車場で6月1日からレンタサイクルのサービスが始まっています。
利用料金は何と一回500円!
この料金で、最新式の電動アシスト自転車が1日レンタル可能です。

20120616-c2.jpg
貸し出しするのはヤマハの電動アシストサイクル 「PASナチュラ」です
電動アシスト自転車は、漕ぐ力の半分を電動モーターがアシストしてくれるので、
坂道でも楽に登れます。

20120616-c3.jpg
おまけに何と! ナビつきです。
ナビは、これもまたソニーの最新式の自転車用ナビ、「nav-u」です。
これで1日500円はどう考えても格安!

その理由は、このレンタサイクルの事業が期間限定で試験的に
実施されているものだからです。

このレンタサイクルは、地元の6市町村等でつくる協議会が、
富士山のふもとで自転車で周遊観光をするレジャースタイルを
定着させようと、国や県の補助金を使って試験的に実施しているため、
料金も格安なものとなっています。
ただし、5台しかないので、予約は早い者勝ちとなります。

普段の休日などに奥さんや子供を残してロングライドに出かける
私のようなあなた!
今週末はひさしぶりに梅雨の晴れ間の予報です。 
たまには家族サービスで一緒にサイクリングとかはいかがでしょうか?

詳しくはこちらのページをご覧ください

20120616-c4.jpg
なお、北麓駐車場は6月から写真のようなロードバイクスタンドが
設置されたほか、フロアーポンプ、パンク修理キッド、自転車のメンテナンス用の
工具などの無料貸し出しのサービスも始まっています。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ビアンキ ルポ サイクリング ポタリング ヒルクライム スペシャライズド

吉田のうどん イチオシ! ~みうらうどん~

吉田のうどん屋さんを何軒か、このブログで紹介しましたが
今日は、自分のイチオシの吉田のうどん屋さんを御紹介します。

20120616-y1.jpg
富士吉田市下吉田にある「みうらうどん」。
こちらも人気店で、土日の昼も営業してます。
西湖ロードレースの前日受付の日に、
行ったのですが、午後一時近くで、
駐車場は満杯に近い状態でした。

20120616-y3.jpg
メニューはこんな感じで、結構品数を絞り込んでいるので、
注文してから直ぐ出てきます。
このため、見ていても、客の回転は良く、
席の数もそれなりにあるので、並んでいても、
少し待てば座れます。

20120616-y2.jpg
注文したのは肉うどんの大盛。
イチオシの理由は、麺とつゆの両方とも
この店が一番自分の好みに合っているからです。

20120616-y4.jpg
麺は当然手打ちなのですが、太さ、固さ、コシなと、
とにかく食感が良いのに加え、麺自体の微かな塩味が、
結構自分的にはツボです。

あと、つゆは吉田のうどんに多い醤油と味噌味のブレンドですが、
味加減が絶妙で、飽きない味です。

他所の店にチョコチョコ浮気をするのですが、
帰って来るのはこの店という感じです。

同じ富士吉田市内に「うどんのみうら」という店があるので
そこと間違えないように注意してください。

ごちそうさまでした。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : 吉田のうどん みうらうどん

フルーツ王国


山梨はブドウの生産量が日本一で有名ですが、
桃やスモモも生産量が国内トップなのは、
あまり知られていないようです。

特に桃は、岡山県や福島県がよく知られていて、
山梨はイマイチ影が薄い?

山梨県の中でも、自分が生まれ育った南アルプス市と
笛吹市や山梨市辺りが特に生産が盛んです
その桃も実がだいぶ大きくなってきました。
ここまでくるのには、
○実の陽当たりを良くするため枝を減らす「剪定」
○人工受粉
○実を大きくするため数を減らす「おろぬき」
○秒害虫から樹を守る消毒
等の手間がかかっています。

20120616fr-3.jpg
さて、これから身が大きくなりますが、雨や害虫が
今からの桃の季節に実にアタックしてきます。
放っておくと、玉割れ、ヒビ、傷などの痛みが
桃の表面に発生し、商品価値が著しく下がります。
そこで写真のように袋かけをします。
一つ一つ手作業でつけて行くので、大変です。

日本の桃などの果実は、甘み、外観などどれをとっても
トップクラスで、香港や台湾のデパート等では
1玉千円以上で取引されている例もありますが、
たゆまぬ品種改良などの品質の向上や栽培技術の向上に加え、
栽培農家の人の努力が実を結んだ高品質といえます。

20120616fr-1.jpg
サクランボもまた、1位の座こそ山形に譲って3位ですが、
佐藤錦、高砂などの品種は糖度が高く、高い人気を
誇っています。
ちなみに、サクランボは桃やスモモよりもっとたくさんの
手間暇や設備投資が必要ですが、その代わり、
収入も多いため、栽培農家が増えました。
そして、今は観光農業の時代。

かつては農協に出荷するしかなかったのですが、
いまは、ネットでPRするなどして、消費者を直接
サクランボ狩りという形で呼び込んでいます。

農協に出荷していた時代は、値段も市場が決めるもので、
個々の農家がPRしても意味がない時代でしたが、
今は、個々の農家の営業努力がストレートに収入に
反映されます。
まさに今、果樹農家は企業経営者となっています。

20120616fr-4.jpg
最後に、こちらも生産量日本一のブドウです。
こちらはまだ、花が終わったばかりで、これから実が膨らみ
房になっていきます。

今からの季節、夏から秋は山梨は美味しい季節を迎えます。
皆さんもぜひお越しください。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ビアンキ サイクリング ルポ

ホーム富山戦

20120616v1.jpg
DSC_0008.jpg
4対1で完勝でした。

20120616v4.jpg
いぶし銀の津田琢磨の気持ちのこもったヘディングの同点シュート。

20120616v2.jpg
高崎が2発。これで本当に覚醒してくれるでしょうか?

あと、19歳の三幸が光っていました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : ヴァンフォーレ甲府

西湖ロードレース当日

DSC_0002_20120618122931.jpg
西湖ロードレース当日です。
朝から雨模様。スタートまでに雨は上がるか?
参加するのは西湖2周コース、距離は20.5km。
ほぼ半年ぶりに走るので、最初はスローペースで
入ろうと思ったのですが、ついつい周りにつられる癖は
一向に直りません(笑)

ということで、6kmを過ぎたあたりから
徐々にペースが落ち出しました。

この時点で記録を狙うのは早々と断念。
制限時間内の完走に目標を切り替えました。

9時20分スタートで、制限時間は12時まで。
2時間40分以内にゴールできないと
その時点で競技終了です。

DSC_0004.jpg
最後はスピードがガタ落ち。
ほとんど歩いてるのと変わらないような状況でなんとかゴール。
時計を見る気力もなく、完走証が送られてくるまで
正式タイムは不明です。情けない・・・

ゴールしたのが11時50分くらいだったので、
概ね2時間30分くらいのタイムでしょうか。

DSC_0005.jpg
抽選会は相変わらずかすりもせず。

DSC_0007.jpg
昼食に吉田のうどんを食べて、帰り道の
「みさかの湯」で着替えと汗を流しました。
この温泉施設の前庭は、ローズガーデンが有名です。
バラは少しピークを過ぎてしまい、散っている花が多かったです。

ゆっくり風呂につかって、夕方6時キックオフの
ホームゲーム、カターレ富山戦に向かいました。

今回の走りについては、完走証が届いたところで
もう一度振り返ってみることにします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ランニング ヴァンフォーレ甲府

西湖湖ロードレース前日受付

DSC_0028_20120616152523.jpg
明日の日曜日に西湖ロードレースに 出ます。今日は前日受付に来ました。
先月のヒルクライム直前練習で見つけた富士河口湖町のケーキ屋
「ラ・ヴェルデュール木村屋」でおやつタイム。

DSC_0027_20120616152522.jpg
この間は、この店の「売り」の「ふじさんプリン」でしたが、
今日は、もう一つのこの店の「売り」のジェラートで
おやつタイム。

DSC_0026.jpg
いつものサーティーワンと同じく、スモールダブルのカップ。
右下がこの店のジェラートの一番人気のキャラメル、
左下が二番人気のチョコミント、
上にオマケのふじさんミルク、

キャラメルはサーティワンのよりもかなり美味しいです。
ごちそうさまでした。

DSC_0029_20120616165007.jpg
受付の会場に向かう途中にスタート地点がありました。
初めて出場するので、どんなコースか楽しみです。

DSC_0030_20120616165006.jpg
受付を済ませてゼッケン等を受けとりました。

DSC_0031_20120616165005.jpg
ブースをちょっと冷やかすつもりが、
しっかり五本指ソックスを買っちゃいました。

DSC_0032_20120616165004.jpg
参加者は「いやしの里念場」という施設に入場出来て、
じゃがいもの味噌煮とかを無料でサービスとのことで、
しっかり来ました。

DSC_0033_20120616165004.jpg
かつては美しい富士山に向かって茅葺き屋根が並んでいた
西湖畔の根場集落。
昭和41年の台風災害による大規模土石流で壊滅的な被害を受け、
その姿は過去のものとなってしまいました。

時は流れ、平成15年に合併してできた富士河口湖町は
古民家の集落を甦らせ、「西湖いやしの里根場」を再生。
今日もマラソンの参加者や中国からの観光客を含め
多くの人が訪れていました。

DSC_0036.jpg
受付の時に配られたチラシによると、
「いやしの里」の中にある「くつろぎ庵」で、
大会参加者向けに餅、生ビール、ジャガイモの味噌煮、
漬け物などが振る舞われるとのことですが、
餅はまだ準備が出来ていないのかありませんでした。

生ビールは運転があるので泣く泣く断念して、縁側で
お茶とジャガイモ、漬け物をいただきました。

DSC_0037.jpg
特にジャガイモは絶品。思わずおかわり!(笑)
西湖畔は標高が高く、雨も降って肌寒いため、
縁側から囲炉裏端に席を移して、ジャガイモのおかわりと、
新たに地菜(?)の油炒め、これがまたメチャ美味!

DSC_0038.jpg
料理したおばあちゃんが囲炉裏端に来たので、
ジャガイモの味噌煮と地菜の油炒めの作り方を
教えてもらいました。

DSC_0042_20120616220112.jpg
帰りに河口湖畔の大石公園へ。
来週の22日からラベンダー祭りが始まります。
早咲きのラベンダー(?)が既に見頃となっていました。

売店のお姉さんの話では、公園の大部分を占める遅咲きが
満開になるのは「月末くらいでは」とのことです。

明日はどのくらいのタイムが出せることやら・・・
1月の千葉マリンマラソンの後、
三月頃に「変形膝関節症」の診断を受け、
ランニングのほうは控えていたので、
今回は自分の膝と相談しながらの走りになりそうです。

来月1日のツールド美ヶ原に悪影響が出るほどは
頑張らないつもりです。

9時過ぎのスタートですが、午前中の降水確率は50%・・・、
なんとか良い天気を期待したいものです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ランニング

アウェイ水戸戦

今日は残業でアウェイ水戸戦のスカパー観戦が叶わず。

さっき帰ってきて、録画してあった
アフターゲームショウを見ました。

甲府の希望の星、堀米勇輝の
風を意識してカーブをかけたコーナーキックを
相手キーパーの信じられないミスで、
オンゴールで先制!

相手の見事なフリーキックで同点に追いつかれるも、
堀米のペナルティエリアのドリブルが相手のハンドを呼び込み、
PKをダビが決めて勝ち越し!

最後は後半ロスタイムに、これまたあいてDFの
信じられないようなクリアーミスをダビが決めて3-1で
試合を決めました。

勝ったのは良いんですが、
相手の自滅という感じもしないでもありません。

そうは言っても、圧倒的に支配しながら勝ちきれなかった試合を
何度も積み重ねてきたこのチームにとって、
一番必要なのは、こういう試合をしっかりと勝ちきること。
結果が出たので良しとしましょう。

今週末のホーム富山戦は、波に乗れるか否か、
大事な試合になりそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : ヴァンフォーレ甲府

Mt.富士ヒルクライム順位


Mt.富士ヒルクライムの完走証をダウンロードしました。

総合順位は
4,703人中2,493位

種目別順位(ロードレーサー男子50~59歳)は、
611人中243位

今年も、総合順位で、半分より上にいかれませんでした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク スペシャライズド ヒルクライム

ホーム千葉戦


今日はホーム千葉戦で小瀬に来てます。
なんとか天気は持ちそうです。

深井とオーロイがベンチスタートなのが、
何やら不気味ではあります。

というわけで、試合終了。
0 - 2 完敗
しかも二点ともディフェンスラインの、
もっというと、盛田の致命的なミス。
実に後味の悪い負け方でした。
ホームで昇格を争う千葉と京都に
惨い惨敗。

今年の昇格は難しいようですね。

次の試合は盛田をはずすのか?
しかし、ドゥグラスも出場停止。
ディフェンスラインをどのように
いじってくるか?

監督の采配に注目します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

tag : ヴァンフォーレ甲府 国産ワイン

W杯アジア最終予選

今日は代表のヨルダン戦のため、
終業のベルとともに甲府駅バスターミナルへ。

バスが車で時間があるのでどうしようかと思っていると、
駅前の信玄公の銅像の前に何やら見慣れぬ風景が。

20120608-3.jpg
なんと信玄公の前に車が展示してあります。
アウディの2台のモデルが武田信玄公のまえにならんで、
ちょっと異様な風景

そもそも、営利企業が営業目的で
このパブリックスペースを使っているのを
はじめてみました。

車の回りにいたディーラーの社員の人に聞いたところ、
市役所と警察のどちらからも許可をもらっているそうです○
以前では考えられない太っ腹な対応です。

20120608-5.jpg
ちなみに、このアウディですが、
写真の後輪の前のボディ下部に「八咫烏」(やたがらす)のエンブレムが
あるのがわかりますでしょうか?

八咫烏は日本サッカー協会のシンボルマークで、
代表のユニホームには、かならずこのエンブレムが付いています。

20120608-4.jpg
車の中も完全に日本代表モード。
代表のシンボルカラーのブルーが随所にあしらわれ、
シートマットにも日本代表ののエンブレムが。
明らかに今夜のヨルダン戦を意識してのモデル展示です○

まあ、中心街の人を呼び戻すためには、
既存のルールや価値観にとらわれない
新しいチャレンジが必要で、信玄公との
ミスマッチも面白いかなとも思います。

帰りにイオンモールでつまみを仕入れて帰宅。
20120608-2.jpg

20120608-1.jpg
ワインは、フジッコワイナリーの
甲州種ブドウ100%使用の「クラノオト2010」

これも前に飲んだ「ハナミズキ」と同じように
無濾過のワインで、まだビン内で発酵が進んでおり、
炭酸ガスが含まれています。

無濾過なので、ブドウの味がストレートに出ていて、
冷やして飲むと夏は最高ですよ。

試合は、日本のゴールラッシュで6-0で完勝!
それにしても、日本は強くなったな~
数年前とは隔世の感があります。

そうはいっても、ここまではホームでの連戦。
いよいよ次戦はアウェイのオーストラリア。
この強さが本物なのか、真価が問われる試合になりそうです。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

tag : ロードバイク ビアンキ サイクリング ポタリング スペシャライズド ヴァンフォーレ甲府 国産ワイン

Mt.富士ヒルクライム前泊の宿 ~ホトリニテ~

DSC_0009.jpg
Mt.富士ヒルクライム前夜に宿泊した
一泊3,000円の、山中湖畔の宿「ホトリニテ」。
初めて泊まってみましたが、すごくよかったので
ご紹介します。

DSC_0020.jpg
この宿は、ナガオカケンメイさん編集の本
「デザイントラベル山梨」で紹介されていて、
本を読んで一度前から泊まって見たいと思っていました。

デザイントラベルによれば、
この宿は、以前は健保組合の保養所「山中荘」でしたが、
3代目のご主人に代替わりした際に、だれでも泊まれるように
業態を変え、名前も今の名前に変えたそうです。

場所は、東富士五湖道路の山中湖インターから
国道138号線に出て、御殿場・山中湖方面に向かいます。

山中湖畔に出たところの「明神前」の信号を左折して、
湖を右に見ながら、北岸の道路を進みます。

20120602-24.jpg
すぐに大きなボーリングのピンが右側に見えてきたら、
宿はもうすぐです。

20120602-22.jpg
ボーリングのピンを過ぎてすぐに、
道の左側にこの看板が見えてきます。
このシンプルな看板が、この宿の味わいをよく表しています。

20120602-23.jpg
国道の向かい側の駐車場から見た宿の入り口です。

20120602-20.jpg
逆に、宿の玄関から見た湖方向です。
これだけ湖の真ん前にあると、前の樹を切って、
眺望を売りにしようと考えがちですが、敢えてそれをせず、
森の中の宿の雰囲気を大事にする方を選んだのでしょうか?
結果的に、宿全体が落ち着いたいい雰囲気を出しています。

20120602-9.jpg
中に入ると、1階は食堂や談話コーナーなどの
パブリックスペースと休憩コーナーや男女別のお風呂。

20120602-6_20120607011106.jpg
2階に上がると、客室スペースになります。
20120602-14.jpg
客室の中は、こんな感じです。
この日泊まった部屋です。朝起きて布団をたたんだ所です。
布団の上げ下ろしはセルフサービスです。

20120602-4_20120607011105.jpg
20120602-5_20120607011104.jpg
金庫、テレビ、鏡、暖房、ドライヤーなど
必要最低限の設備は部屋毎にそろっています。
建物はけっして新しくありませんが、
掃除が行き届いていて清潔です。

20120602-3_20120607011103.jpg
テーブルの上に袋が。中にはご主人の薦めの本が入っています。
ゆっくりとした時間のなかで、本を読みながら
豊かな時間を過ごして欲しいというご主人のメッセージです。

20120602-15.jpg
面白いと思ったのが、各部屋にあるクーラーバッグ。
部屋に冷蔵庫がないので、廊下にある保冷罪を使って、
買ってきた食材や飲み物を冷やせます。

20120602-16.jpg
廊下の大型冷蔵庫にはフリーザーに保冷罪がびっしり。
これを各自部屋に持っていって、クーラーバッグに入れて使います。

20120602-17.jpg
共用の冷蔵庫の冷蔵室に入れて保存して置くこともできます。

20120602-18.jpg
冷蔵庫のすぐ左に電子レンジがあり、持ち込んだ食材を
自由に暖めることが出来ます。

20120602-8.jpg
同じく2階のパブリックスペースにあるお茶などの設備。
ポットに入れて部屋に持っていって、勝手に好きなだけ
飲んでくださいというスタンス。

素泊まりであることを大前提に、
いかに気持ちのいい「素泊まり」を提供するか
という考えをベースに、設備やサービスが
尽くされている気がします。

20120602-12.jpg
トイレ、洗面所、1階の浴室も掃除が行き届いて、
気持ちよく使えます。


20120602-13.jpg
20120602-7.jpg
館内は照明も暖色系で、全体に落ち着いた雰囲気です。

20120602-10.jpg
20120602-11.jpg
庭に面した談話スペースや2階の洗面コーナーなどの
パブリックスペースには、センスの良い小物が置かれており、
時間がゆっくりと流れているような雰囲気。
うまく言えないのですが、けっして押しつけがましくはないが
実に快適な「心遣い」が随所に感じられる宿でした。

宿のホームページでは近々食事の提供も行うようです。

20120602-2.jpg
こちらが、宿のご主人の高村さんです。
「写真をブログに載せても良いですか?」と聞いたら、
お渡した名刺を手に快くポーズを取っていただきました。

これもデザイントトラベルによれば、
「ただのホステルや民宿ではなく、自由な場所にしたい」
との思いで、宿のホームページによれば、
いろんなイベントも行われているようです。

一番驚いたのは、自転車が館内に持ち込み可だったこと。
この日だけの特例措置かどうかは不明ですが、
富士山ヒルクライムはもとより、
9月のMt.Fujiエコサイクリングなど
富士山周辺のサイクルイベントの
宿としても最適です。

1人で泊まっても素泊まり3千円という価格設定もうれしい。
3泊ぐらいして、本を読んだり昼寝をして、気が向けば湖畔を散策するなど、
ゆっくりとした時間を過ごしたい宿です。

是非ともまたお世話になりたいと思います。

ロードバイクバナーのクリックにご協力を。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ヒルクライム スペシャライズド サイクリング ポタリング ビアンキ

Mt.富士ヒルクライム当日

Mt.富士ヒルクライム当日が来ました。
スマホのアラームを朝の4時にセットしましたが、
20分前に目が覚めました。

競技用の身支度を整え、出発します。
服装は、上は厚手の裏起毛のアンダーウェアに
シマノの半袖のサイクルジャージ。
下はレッグウォーマーにハーフのレーパン。

20120602-19.jpg
20120602-21.jpg
昨夜の宿「ホトリニテ」の全景と、すぐ前の山中湖の湖畔です。
天気はくもり。
昨日の雨予報から少し降水確率が下がりました。
このまま天気が持ってくれると良いのですが・・・

途中のコンビニで水を購入。
グリコのCCDパウダーを溶かして、ドリンクも準備完了。

コンビニから15分くらいで、北麓公園周辺に到着。
某所に車を置いて、6時前に荷物を預け完了。

指定された富士急ハイランド駐車場に向かいます。
配布された駐車場位置図をみると、富士急ハイランド駐車と
言いながら、明らかに新しくできた県営の北麓駐車場も
エリアに含まれている感じ。
北麓駐車場に置いたほうが、富士急より僅かですが近いので
迷わず北麓駐車場に。

「北麓駐車場」と案内しなかった理由は、
「北麓公園駐車場」と間違う人が続出するのを恐れたためか?

そのおかげで「富士急ハイランド駐車場」で待ち合わせたグループでしょうか、
携帯で「どこの駐車場?」と連絡を取り合っている人が多く見られました。

外を走ってみると、インナーは薄手のものでも大丈夫そうなので
車で着替えて、いよいよスタート地点の北麓公園に向かいます。

20120603-1.jpg
7時ちょっと前に北麓公園に到着。

20120603-3.jpg
20120603-5.jpg
スタート地点に行ってみると、
鶴見辰吾さん、富永美樹さん、夫のまことさん、
今中大介さんなど、おなじみの顔ぶれが。

20120603-4.jpg
こちらはモデルで、雑誌ファンライドにイラストを連載している
日向さん。ツールド八ヶ岳では6位入賞し、表彰台に上がったとか。
う~ん、こんなに美人なのに恐るべし。
今まで一人勝ちだった絹代さんの座を脅かす存在が現る!

山梨県の平出副知事のピストルで第1ウェーブがスタート

約30分遅れて自分の第6ウェーブがスタートしました

さすがに今日は途中で写真を撮っている余裕はないので、
競技中の写真はありません。
2週間前の練習で1時間49分という悲惨なタイムを出したので、
今日は次の点を意識しながら走りました
・サドルを前目に座り、通常より前傾姿勢
・サイコンはずっとケイデンス表示にして、
どんなに傾斜がきつくても70以上、緩斜面では80以上。
明らかに練習の時よりはいいペースと思われます。

走っているうちに、指先が冷たくなってきました。
ツールド八ヶ岳と車坂峠の両大会では、
ランニング用の薄手の化繊のグローブをして、
その上からハーフフィンガーのサイクルグローブをしていましたが、
今日は暖かいと思って、ハーフフィンガーのグローブのみ。

練習の時は、天気が良かったのでハーフで十分でしたが、
今日は2合目くらいから指先が冷たくなってきました。
インナージャージは薄手のものに換えてちょうどいい感じです。

途中、4合目の前後で少し雨に降られましたが、
たいした降りではありませんでした。

最後にヘマをしました。
サイコンをずっとケイデンス表示にしていたのですが、
最後の緩斜面の手前まで来れば、あとは時間との勝負で、
もはやケイデンスはどっちでもイイ状況なので、
サイコンをタイム表示に切り替えるべきでした。

緩斜面に入りスピードを上げましたが、
ちょうど前に手頃なスピードのグループがいたので、
最後の坂の体力温存のため、グループの後ろについてしまいました。

ところが、このグループが意外にスピードが上がりません。
右から抜くべきでしたが、なんとなくそのまま後ろについたままに。

最後の急斜面はダンシングでフルスロットル!!!

20120603-6.jpg
ゴールして少し直進してから止まって、
一息ついたところで、サイコンのタイム表示を確認。
表示タイムは1時間40分48秒。
後に公式サイトで確認した正式タイムは、1時間40分3秒。

2年前の初参加の時に出した自己ベスト
1時間40秒43秒は上回りましたが、
密かに狙っていた100分切りは、あと3秒及びませんでした。
最後にサイコンをタイム表示にしておけば、
40分切りのためにもっと追い込めたのは間違いありません。
現に、ゴール後も限界まで自分を追い込んだという感じは
ありませんでした。
あと数秒とわかっていたら、もっと最後に力を出すだけの
余力は残っていたので、少し後悔が残ります。

あと5kgぐらい体重を落とさないと、
ブロンズ(90分切り)は夢のまた夢です。

20120603-8.jpg
例年荷物の受け渡し場所となっている駐車場が
浄化槽の工事で使えないため、トイレに行き、写真を数枚とって
荷物を受け取り、下りに向かいます。

下りはじめてまもなく、雨が降り出しました。
厚手のインナージャージ、ウィンドブレーカーと冬用グローブで
下りましたが、それでも寒い。

スタート地点まで下り、チップを返却。
例年なら無料サービスのうどんを食べるのですが、
ずぶぬれの冷え切った体で、
雨の降る中でうどんを食べる気にならず、
近くの日帰り温泉の「泉水」で800円払って入浴。
露天風呂にゆっくりつかり、芯から温まりました。

20120603-9.jpg
温まった後は、下吉田のうどん屋「しんたく」に。
ここも人気店で、駐車場はほぼ満杯でしたが、
なんとか1台駐車できました。

20120603-11.jpg
いつもの肉天うどん大盛り600円を注文。

20120603-12.jpg
肉は桜肉、天ぷらは野菜のかき揚げ天です。
美味しくいただきました。

20120603-14.jpg
帰り道でこのような看板を発見!
スウィーツおやじですが、大会まではと、
甘いものは出来るだけ我慢してきました。
今月末のツールド美ヶ原までしばらく期間があるので、
今日は頑張った自分にご褒美(笑)

店内に入って、いつもたのむ
スモールダブルのカップを注文使用としたところ、
「ただ今ダブルを注文のお客様に
もう1個サービスしてトリプル!」との表示・・・

う~ん・・・、トリプルはちょっとカロリーオーバーだな・・・

20120603-13.jpg
下から順に、チョコミント→オレンジチーズ→ラムレーズン
自制心のかけらもありません(笑)

来年こそ30分目指して頑張ります。

ロードバイクのバナークリックにご協力を!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ヒルクライム スペシャライズド

Mt.富士ヒルクライム前泊

20120602-1.jpg
昼食の「益美や」の吉田のうどんも完食し、
北麓公園で受付完了。

いつも午後4時の前夜祭の間際にくるので、
記念のシャツは売り切れでしたが、
今日は時間に来たので、ゲットできました。
今年のシャツのカラーとデザインは
去年よりはだいぶましになった気がします。

大会実行委員会の渡辺委員長さん、
インターマックスの今中社長さん、
仕事でお世話になっている(株)アールビーズの皆さんにも
一通りご挨拶をさせていただき、
前夜祭の式典も終わり、宿にチェックイン。

DSC_0009.jpg
今夜の宿は、過去二年泊まっていた富士桜荘が満室だったので、
前から一度泊まって見たいと思っていた、山中湖畔の「ホトリニテ」です。

別途詳しく御紹介しますが、この宿、本当に泊まってよかったです。
予約がとれなくなるので、誰にも教えたくないところですが、
この日もサイクリストで満室で、すでに来年の予約は難しいかも。

20120602-2.jpg
ご主人は、見た感じは、まだお若いのですが、
自然体で、実にいい感じです。

明日の荷物預かりの締め切りが朝の6時10分なので、
食事を済ませ、9時過ぎには寝ました。


ロードバイクバナーのクリックに御協力を♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ヒルクライム スペシャライズド

Mt.富士ヒルクライム成績

Mt.富士ヒルクライムから帰って来ました。

タイムは1時間40分2秒

初参加の時に出した自己ベストタイムの
1時間40分43秒は上回りましたが、
狙っていた30分台には2秒及ばず。

二週間前の練習で49分台という情けない
タイムを出したので、今日は最初から
サイコンをずっとケイデンス表示にして、
斜度がきつくても70を下回らないようにしました。

練習よりはかなりいいペースだなとは思いましたが、
最後にサイコンの表示をタイム表示切り替えれば、
間違いなく40分は切れたはずで、
そこだけが心残り。

かくして、百分切りはまたしても来年に
持ち越しとなりました。

あと5kgくらい体重を落とさないと、
ブロンズ(90分切り)は夢のまた夢という感じです。

初参加のから三年目にして初めて
雨に降られました。
登りは四合目辺りで少しパラパラと来ましたが
ほとんど降られませんでした。

下りは途中から降りだし、すぶぬれに。
サービスのうどんも食べずに、
近くの日帰り温泉に直行。

お昼に吉田のうどん屋に行き、
家路に着きました。

今夜はねむいので、前日や当日の様子は
写真もあわせて後ほどアップします。

お休みなさい。

ロードバイクバナーのクリックに御協力を。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ヒルクライム スペシャライズド

吉田のうどん ~益美や~

DSC_0001.jpg
今日はMt.富士ヒルクライムの前日。
受付のため、北麓公園に向かいます。
途中の吉田のうどん屋で昼食。
スバルラインを河口湖駅に向かって下っていく道の
右側の細い道を入ったところにある「益美や」です。

とにかく場所が分かりにくい。
ここも、吉田のうどん屋ですが、
場所は富士河口湖町にあります。
前に紹介した「たけ川うどん」より
少し下ったところの右に入っていく
細い道の奥にあります。

DSC_0002.jpg
今日も肉天つけの大盛。

DSC_0003.jpg
固さは吉田のうどんの中では、やや硬め。
つけ麺の麺は暖かいのと冷たいのが選べます。

味はたけ川と感じが似ているかな。
つけの麺は暖かいのを頼んだほうが
正解かもしれません。

ご馳走様でした。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ヒルクライム 吉田のうどん スペシャライズド

富士吉田出張

DSC_0063.jpg
木曜日も会議で、富士吉田に出張しました。
車が全部で払っていて、乗っていく車がない状態。
せっかくの機会なので、初めて甲府駅から富士山駅に向かう
路線バスに乗ってみることにしました。

DSC_0064.jpg
乗ってみて驚いたのは、時間の正確さです。
甲府駅前から富士山駅まで普通車では1時間10分くらいです。

路線バスは、時刻表では所要時間は1時間20分となっていましたが、
実際に1時間20分経過時点で富士急ハイランド横を通過し、
1時間23分で富士山駅に到着。車と10分しか変わりません。
意外に使える。ただし料金は片道1,530円(泣)

20120530-d1.jpg
近くの吉田のうどん屋で手短に昼食を済ませ、
駅ビルの右隣にある観光案内所へ。

20120530-d2.jpg
DSC_0070.jpg
富士山駅から今日の会議の会場までは歩くと1時間以上かかるので、
電動アシスト自転車をレンタルすることに。1時間300円。
富士吉田市が、電車等で来た観光客に吉田のうどん屋めぐりを
楽しんでもらうために始めたサービスです。

それにしても、カゴの前の「うどんの街をルンルン」という
プレートはなんとかならぬものか・・・
今日は会議で、一応スーツ姿なわけで、
50才を過ぎたオッサンがこれに乗って街中を走るのはキツい(笑)

20120530-d3.jpg
昼休みに、レンタサイクルで国指定の重要文化財
「御師 旧外川家住宅」へ。

旧外川家住宅の説明は次のとおり。

平安時代以前は、富士山は登らず裾野から遥拝していましたが、仏教の影響によって、登拝するという祈りのかたちに変わりました。富士山の裾野にある御師の家を宿坊とし、富士吉田の街は富士道者によって賑わったそうです。
一時は80軒以上あったという御師の家。旧外川家住宅の母屋は1768(明和5)年に建造され、御師の家の中でも古く、貴重です。廊下でつながっている奥座敷には立派な御神前があり、食行身禄像が鎮座しています。
屋敷内には、旧外川家住宅で使われてきたものや、富士山信仰に関わりのあるものが並び、御師とはどういう役割なのか、富士山信仰とはどういう祈りなのかを伝えています。
要望があれば地元スタッフの説明付き。山梨県の指定文化財であり、富士吉田市歴史民俗博物館の付属施設です。

20120530-d4.jpg
20120530-d5.jpg
登山者は、このような白い装束を着て登山をしたそうです。
白装束の謂われは、山頂が聖地であるため汚れのない装束をまとうという説と、
山頂は「あの世」であるため「死に装束」で登るなどの説があります。

20120530-d6_20120602011743.jpg
昼食後、会議まで少し時間があるので、昼休み時間に
富士吉田道の駅にも立ち寄り。

20120530-d7.jpg
20120530-d8.jpg
看板が気になって、思わず食後のデザート(笑)

信玄ソフト!
山梨の銘菓「信玄餅」をシフトクリームにしたものらしいです。
確かに食べてみると、きな粉や黒蜜の味がして、
信玄餅風ではあります。

さあ、今週末はマウント富士ヒルクライムです。
天気は雨予報ですが、頑張ります。

→ ロードバイクバナーのクリックにご協力を


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 富士吉田レンタサイクル

吉田のうどん ~たけ川うどん~

DSC_0058.jpg
吉田のうどん屋ですが、この店も前に紹介した「彩花」と同じように
富士吉田市ではなく富士河口湖町にあります。
この日のメニューは、肉つけうどんの大盛り600円

DSC_0056.jpg
この店もテーブルの上に天かすがあって、入れ放題です。

DSC_0055.jpg
この店の特徴1 スピード
とにかく注文してから出てくるのが速い。
注文して1分で出てきます。嘘じゃなくてホントに(笑)

だからといって、駅の立ち食いみたいに
ソフト麺を暖めて出してくるのかと思えば大違い。
しっかりと堅めの歯ごたえ抜群の吉田のうどんです。

この店の特徴2 キャッシュオンデリバリー
席に料理を持ってきたときに、引き替えに料金を徴収します。

DSC_0057_20120602003131.jpg
写真が横向きですいません。

この店の特徴3 長い麺
とにかく長い。1mくらいある(笑)
少しは切れよ! と言いたくなるほど長いです。

味は吉田のうどんの中では中の上クラスでしょうか。
席決→注文→配膳→集金と、とにかくおばちゃんの手際がよい。
食べログなどの口コミを見ると、せかされているようで不愉快との
掻き込みもありますが、自分は一度もそう感じた事はありません。
人気店にも関わらず、あまり待たずに座れて、
急ぎの時などは短時間で吉田のうどんが楽しめます。

スバルラインのとおりを真っ直ぐ河口湖駅方面に降りていく途中の
左側の集合テナントの一角にあります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

プロフィール

penchan

Author:penchan
山梨のシニアサイクリストです。
メタボ対策で40代半ばで自転車にのり始め、その楽しさにすっかり魅せられてしまいました。
山梨のお奨めのサイクリングルートなどもご紹介しますので、ご覧ください。

はじめまして!
2009eco-cycling

毎日富士山を見ながら、通勤は碧色のクロモリを、遊びや大会はカーボンロードを転がしています。

検索フォーム
カテゴリ
fc2カウンター
fc2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。