山梨お花見ポタリング

今朝は地震で、一発で目が覚めました!
そーはいっても、うとうと二度寝したら、
来ました二発目が!
震源は、富士山の東側だそうです。
な~んかやな予感がするんですよね・・・


気分を切り替え、桜の季節に自転車で走るのが好きです。
自分の住む南アルプス市のお花見ポタリングスポットを
ご紹介します。
最初は、前にもご紹介した徳島せぎ沿いの桜並木です。
うちから5分くらいです。

韮崎市の円野町から南アルプス市の曲輪田地区まで
約17kmにわたる農業用水です。

南アルプス市は小学校の教科書に載るくらい有名な
扇状地で、極端に水はけがよく、とても稲作ができるような
土地ではありませんでした。
このため、江戸時代に、江戸深川の商人、徳島兵左衛門は
甲府城代の徳川綱重(家光の3男)の許可を得て、
農業用水の建設に着手し、1670年に完成させたものです。

2008hanami-pota2.jpg
この用水のおかげで、「月夜も焼ける原七郷」とよばれ、
水不足に苦しんだ土地は、緑の水田に生まれ変わりました。
その後、土手には多くの桜が植えられ、
特に自分の住んでいる所に近い南アルプス市の有野地区は、
まさに桜の回廊の中を走る感じです。

2008hanami-pota5.jpg
桜の一番ピークの日曜日には、地域の人たちによる
桜祭りが行われます。

2008hanami-pota3.jpg
この徳島せぎに沿って北に向かい韮崎市方面に走ると、
上の写真の「王仁塚(わにつか)の桜」があります。
水田の中にある1本桜で、桜のピンクと、
はるか彼方の八ヶ岳と青い空のコントラストは
本当に美しく、多くのカメラマンが訪れます。

2008hanami-pota4.jpg
残念ながら、自転車では桜のすぐ脇までは行かれないので、
すこし離れたところに置いて歩いていきます。

2008hanami-pota6.jpg
上の写真は、釜無川(富士川)の鏡中条橋の西詰めにある桜並木です。
コチラは、家から15分くらいでしょうか。

他にも山梨の桜の名所はたくさんあります。
今後も少しずつご紹介していきます。
あ~、早く花見ポタリングに行きたい!

↓クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ サイクリング ポタリング

南部の湯~六地蔵サイクリング

甲府盆地は内陸部で、夏暑く冬は底冷えが厳しいです。
ということで、甲府盆地内を走るのに適しているのは
五月以降でしょうか。

そうはいっても走りたいわけでして(笑)、
方法は一つ、暖かいところを目指して
走ることです。

山梨県の南部にある南部町(町名がそのまんまです)は
山梨でもお茶が取れる温暖な地域で、
雪が降ることはめったにありません。

静岡との県境に近く、山梨では一番暖かいエリアです。
甲府盆地から南部町に行く道路は、
一般的には富士川右岸側の国道52号線ですが、
自転車で走る場合は、圧倒的に左岸側の県道が
お奨めです。

富士川に沿って下りますので、
数カ所ある峠部分を除けば、
行きは大部分が下りです。

かといって登りもそんなにきついところはなく、
家のある南アルプス市から往復しても、
110kmくらいで、日帰りライドには
ちょうど良い距離です。

2011nannbu1.jpg
行くと必ずよるのが写真の南部の湯です。
町営温泉ですが、全体的に明るい雰囲気で、
湯船は内風呂も露天風呂も広々としていて、
非常に気持ちいいです。
地元や山梨から以外にも、静岡からの
お客さんも多いようです。

2011nannbu2.jpg

同じく、行くと必ずよるのが、
小林焼きそば店、富士宮市に近いこともあり、
富士宮焼きそばとお好み焼きの店です。
休日の昼間は、行列ができるほどです。

まあ、富士宮焼きそばとしては、
普通レベルの味かと思いますが、
山梨では富士宮焼きそばを食べられる店が
あまりないので、ここにはよく立ち寄ります。

2011nannbu4.jpg
腹ごなしに立ち寄ったのが六地蔵公園、
お地蔵さんの前のお供え台に自転車を立てかけての
写真撮影で、よく考えるとバチアタリです(笑)

なお、この六地蔵公園の手前には、
斜度10度くらいの激坂が待っているので、
行く人は覚悟してチャレンジしてください。
晴れていれば、お地蔵さんの後ろの空に
富士山が姿を見せてくれます。

帰り道には日蓮宗総本山の身延山久遠寺などがあり、
お参りして、名物の身延まんじゅうをたべ、
中身の濃い1日が過ごせるので、
お気に入りのサイクリングコースです。

まあ、お地蔵さんにバチアタリをした後で
身延山にお参りしても、プラマイゼロですが(笑)

↓クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ サイクリング ポタリング 南部 六地蔵

安くて美味しい甲州ワイン5本目

rubiyat-koshu.jpg
安くて美味しいお奨めの甲州ワイン5本目です。
今日は、丸藤葡萄酒工業の白ワイン
「ルバイヤート甲州シュールリー2010」
1,750円です。

山梨大学ワイン科学研究センターの柳田教授の解説を読むと、
「シュール・リー」とは、発酵が終わっても、
「おり」をある一定期間ワインと接触させて造った
ワインのことを言います。
おり引きをせず、タンク内に静置し数カ月間そのままとすると、
アミノ酸やペプチドなどが溶け出し、
ワインに豊かなボディーと独特の香味などを与えるそうです。

甲州州ワインが多く造られ始めた1970年代は、
やや甘口のワインが多く、
辛口ワインは甲州独特の苦みが出るため、
あまり造られていませんでした。

その後、「メルシャン」がシュール・リー製法を取り入れて、
国内で初めて商品化させました。
近年国産ワインコンクールの「甲州種」部門の金賞を受賞するワインに、
このシュール・リー製法を用いたワインが多いのが特徴です。

まあ、素人が受け売りで長々と能書きを書きましたが、
自分のレベルでは、「うまい」か「まずい」か、
あるいは「好き」か「嫌い」かしかわかりません。

そして、自分にとってこのワインは間違いなく、
美味くて好きなワインです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

tag : 国産ワイン 甲州ワイン ルバイヤート 甲州 シュールリー 丸藤葡萄酒

昇仙峡ゆるクライム

2008shousenkyo3.jpg
山梨のお奨めサイクリングコースのご紹介、
今回は甲府市北部にある昇仙峡です。

2008shousenkyo5.jpg
秩父多摩甲斐国立公園を代表する景勝地として有名で、
国の特別名勝に指定されています。

甲府盆地から昇仙峡まで登るルートは、
輪行で甲府駅まで来て、駅の北口から
国立甲府病院~和田峠~千代田湖経由のルートと、
竜王駅まで輪行で来て、敷島経由で登るルートが
一般的でしょうか。

県外から車で来た場合は、
中央自動車道双葉サービスエリアのETCインターで降りて、
敷島体育館などの駐車場に車を置いて、
登っていく方法がお奨めでしょうか。

敷島経由で登るルートは、斜度が平均3%前後で、
初心者でも十分登れるコースだと思います。
5~6%のヒルクライムに慣れた人には
むしろ物足りないと感じるかもしれません。

2008shousenkyo1.jpg
ここが、昇仙峡観光の入り口である長潭橋(ながとろばし)です。
ここから、昇仙峡観光のハイライトである仙娥滝までの
約5kmにわたり、美しい渓谷沿いに遊歩道が整備されています。
この遊歩道は車は通れませんが、自転車は走行可能です。

このため、長潭橋には公営の駐車場があるのですが、
この駐車場に入る車で、秋の紅葉シーズンの休日は
長い渋滞が発生します。
この点、自転車なら、秋のトップシーズンでも
渋滞や駐車場に関係なく昇仙峡にアクセスが可能です。

2008shousenkyo2.jpg
写真のように、美しい渓谷のすぐ脇の遊歩道を
自転車で快適に登っていくことができます。

2008shousenkyo9.jpg
渓谷美と並ぶ昇仙峡の魅力は、
そびえ立つ奇岩と松の組み合わせで、
まさに水墨画のような美しさです。

2008shousenkyo6.jpg

2008shousenkyo7.jpg
昇仙峡のもう一つの魅力は、秋の紅葉です。
新緑の渓谷美もきれいですが、やはり
紅葉シーズンがお奨めです。

2008shousenkyo8.jpg
遊歩道もだいぶ上まで上がってきました。
下流側を振り返ると、上の写真のような景色が見られます。

2008shousenkyo10.jpg
上の写真が、遊歩道の終点の仙娥滝です。
あまり高さはありませんが、
滝の近くまで行かれるので、なかなかの迫力です。

この滝の脇に上に登る階段があって、
おみやげ物屋や、飲食店がたくさんあります。

紅葉シーズンは、ぜひ自転車で
昇仙峡ゆるクライムを楽しんでみてください。

↓クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ サイクリング ヒルクライム ポタリング

安くて美味しい甲州ワイン第4弾

千円から二千円前後の安くて美味しい甲州ワインのご紹介、4本目です。

honjyo-taru.jpg
勝沼にある岩崎醸造㈱の「シャトーホンジョー樽」の赤ワインです。
勝沼の岩崎地区で栽培した甲斐ノワールとカベルネソーヴィニヨンを
ブレンドし、樽で熟成させて、味に深みを出しています。

樽で熟成させると味わい深いワインとなりますが、
それだけ手間を掛けるわけで、当然価格は高くなります。
一般に、赤の樽熟成ワインは三千円以上の価格となるようですが、
コチラのワインは、1500円前後で売られています。
もちろん三千円以上出せば、これより美味しいワインは
たくさんあります。
しかし、この価格帯としては、飲んでみてお奨めだと思います。

↓クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

tag : 甲州ワイン

ツールド美ヶ原

昨年6月19日、5回目のヒルクライムで
初めて足を着きました。あまりにきつすぎて・・・
激坂で有名なツールド美ヶ原に昨年6月に初挑戦しました。

2011tour-de-utukusigahara1.jpg
松本市内の運動公園が会場で、ここからスタートです。
松本の浅間温泉街を抜けると、いきなり最大斜度15度の
激坂が始まります。しかも、その坂が延々と続きます。

走り出して10分ぐらいで、早くも自転車を降りて
押している選手がたくさんいました。
初めて見る光景です。

走り出して25分くらいの所で、スピードが極端に落ち、
転倒の危険を感じて、たまらず足を着きました。
一番きついところを少し歩いて、
再び走り出します。足を着いたのはこの1回だけでした。

2011tour-de-utukusigahara3.jpg
なんとか無事ゴールしました。
タイムは1時間55分台、
順位は567人中、半分よりかなり後ろでした。

標高が高く、下を雲が流れていきます。
天気は曇りで、眺望はイマイチです。
ゴールの売店のパンと牛乳を飲んで、
しばし休息して下ります。

2011tour-de-utukusigahara4.jpg
登る途中にはこのような湖(または池?)もあるのですが、
とてもそれどころではありません。

2011tour-de-utukusigahara5.jpg
表彰式のあと抽選会もあったのですが、
仕事の関係で、足早に会場を後にしました。

そうはいっても、新しく買ったALLEZで足を着かずに
登れるか、今年再挑戦してみたい気持ちもあります。

他に予定が入らなければ、たぶん出てしまうと思います。
わかっちゃいるけど止められない♪

↓クリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ ヒルクライム ツールド美ヶ原

千葉マリンマラソン

12kgのビアンキ・ルポでのヒルクライムのタイムを
どうやって縮めるか? 
そうだ! 体重を減らせばいいじゃないか!!
という至極単純な理由で、3年ほど前からロードレースなどに
出場するようになりました。

これまで、10km2回、ハーフ1回、フルマラソン1回の
出場歴です。

と言うわけで今年の初戦
20120122tiba-marin1.jpg
千葉マリンマラソンのハーフに出場しました。
会場は大会名どおり千葉マリンスタジアムです。

20120122tiba-marin2.jpg
あいにく朝から雨模様です。
スタジアムの中から道向かいに幕張メッセが見えます。

20120122tiba-marin4.jpg
更衣室兼荷物置き場は、スタジアムの屋根付き部分のスタンドです。
決して野球観戦ではなく、皆さんマラソンの出場選手です。

20120122tiba-marin3.jpg
ゴール地点は、スタジアムのセンターの守備位置の
少し手前にあるゲートです。

タイムは2時間7分39秒、
ハーフ出場者10,037人中、5,812位。
ハーフに初挑戦した昨年10月の鳴沢紅葉ロードレースより
7分ほど短縮できましたが、今回も2時間切りは
なりませんでした。
気温が低く、北風と横殴りの雨を考えれば、
今の自分の実力では、こんなものでしょう。

会場から海浜幕張駅に歩く途中で、「現実」を見せつけられました。

20120122tiba-marin5.jpg
斜めに傾いた街路灯

20120122tiba-marin6.jpg
波打ち、アスファルトで応急処理をしただけの歩道。
そうでした。ここは「被災地」でした。
駅までの間に、震災の傷跡がたくさんありました。

20120122tiba-marin7.jpg

20120122tiba-marin8.jpg

20120122tiba-marin9.jpg
じつは、水曜日頃から風邪をひき、
土曜日の午前中に37度の微熱があったのですが、
お医者さんから抗生物質をもらっての強行出場でした。

寒いうえに雨で、「止めておけばよかった」と思いましたが、
悪条件で完走できた満足感と、被災地の姿を
少しだけですが見られて、棄権しないで参加してよかったです。
こんな状況の中で、大会を運営していただいた皆さん、
沿道で応援していただいた地域の皆さんに感謝です。

↓クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

tag : ランニング

ツールド八ヶ岳


ツールド草津とともにヒルクライムシーズンの
幕開けを告げるツールド八ヶ岳。
スタート地点の長野県佐久穂町堂河原地区から、
雪の壁に挟まれた標高2127mの麦草峠(標高差1300m)までの
25kmを駆け上がります。

ツールド草津も魅力的なイベントですが、
開催場所が長野県で山梨に近いので、
自分のシーズン幕開けは2年続けてこの大会です。

朝の5時に家を出て、中央自動車道長坂ICから清里経由で
スタート地点へ向かいます。
当日朝の受け付けでも良いので助かります。
写真は長坂から正面に見える八ヶ岳があまりにきれいなので、
思わず車を止めて、朝焼けの八ヶ岳を写しました。
ちなみに、八ヶ岳南麓は大会の開かれる4月後半が
桜の見頃です。

2011tour-de-tatsugatake2.jpg
スタート地点です。
交通標識の向こうに八ヶ岳の山並みが見えます。
2年続けて天気に恵まれました。
この時期の開催は当然の事ながらコースの除雪が必要で、
例年、地元の皆さんがきれいにコースを除雪してくれます。
感謝!

2011tour-de-tatsugatake3.jpg
当然の事ながら、競技中は写真が撮れませんので、
いきなりゴール後の写真です。
向こう側に道路標識があるところが、麦草峠の最高点で、
ゴールポイントです。
ゴールした選手は、そのまま直進し、
このような状況で体を休めたり、記念写真を撮っています。
写真の右手前が愛車の12kg超の重たいビアンキです。
タイムは初参加の2010年が2時間10分台、
2回目の2011年が1時間50分台と情けないタイムでした。
今年は、スペシャのALLEZで挑戦します。

2011tour-de-tatsugatake4.jpg
草津ほどではありませんが、ゴール地点の道の両側は、
50センチを越える積雪が残っています。
雪の壁とロードバイクの組み合わせは、この大会の華です。

2011tour-de-tatsugatake8.jpg
最高地点の標高は2,127mで、下りの防寒着と
厚手の手袋は必需品です。

2011tour-de-tatsugatake6.jpg
冷えた体を温めてくれるのが、ハーフのゴール地点にある
レストランで無料でサービスしてくれる豚汁です。
おかわりもできました。 これはうれしい。
ちなみにかやくご飯は300円くらいだったか?

2011tour-de-tatsugatake7.jpg
帰りは、野辺山の付近を少し流して、
雄大な八ヶ岳を見ながらのサイクリングを楽しみました。
今年は4月15日開催です。今から楽しみです。

↓クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ ヒルクライム ツールド八ヶ岳

樹海サイクリング

20011hokuroku-cc.jpg

国道139号などの幹線国道から少し奥に入ると、富士北麓には写真のような道がたくさんあります。
春秋のシーズンを気持ちよく走れるのはもちろんのこと、
標高が高い高原気候に加え、写真のように道路の上まで木の枝がせり出した
樹海の中のコースがたくさんあるので、真夏でも楽しくサイクリングやトレーニングができます。
自分は勝手にUVカットサイクリングコースと呼んでいます。(笑)

スバルライン以外にあまり知られていませんが、滝沢林道や富士山林道など、
富士山に登る舗装された林道もあります。
暖かくなったら、サイクリングレポートをアップします。

2011hokuroku-p.jpg

前にも書きましたが、富士北麓に1400台収容の
無料の巨大な駐車場ができました。
上の写真の「県立富士北麓駐車場」です。

最近、富士北麓にも本当にロードバイクが増えました。
走っている皆さんは、自走で北麓まで来る猛者もいるかもしれませんが、
ほとんどの方は、車で来て、
どこかに車を置いて自転車で走っていると思います。
駐車場所は、富士吉田道の駅、鳴沢道の駅、河口湖畔県営駐車場、
山中湖畔県営駐車場などに車を置いている人が大部分だと思います。

しかし、観光シーズンは駐車台数が多く、ローディーは
駐車場の係員などの目を気にしながら、車から自転車を降ろして
走り出す人が多いのではないでしょうか。

上の写真の北麓駐車場は、夏の観光シーズンの約15日間にわたり
実施される富士スバルラインのマイカー規制のための駐車場として
昨年7月に山梨県が開設したものです。

4月から11月の期間中利用できますが、
お盆のシーズンを中心とした約15日間のマイカー規制期間以外は
この駐車場は閑散としており、無料で車を止め放題です。
また、駐車場の中にはトイレと観光案内所があり、
富士北麓のたくさんの観光パンフレットがあります。

2011hokuroku-p2.jpg

これも前に書いたとおり、既に駐車場のオープン直後から
サイクリストに口コミで噂が広がり、
土日には自転車を積んだサイクリストの車の駐車が目立つようになりました。

観光案内所の職員の方の話では、この駐車場に車を置いて、
富士山ヒルクライムのコースである富士スバルラインに
チャレンジするサイクリストが多いようです。

この駐車場から富士山ヒルクライムの計測開始地点の
料金所手前までは、ゆっくり走って10~15分くらいでしょうか。
心拍数を上げて計測開始地点に差し掛かるのに、
ちょうど良いロケーションだと思います。
ちなみに、一昨年のMt.Fujiヒルクライムのアスリートクラスの
出発点は、この駐車場のすぐ近くにある富士ビジターセンターだった
ような記憶があります。

大会のスタート地点の北麓公園に車を置くと、心拍数が上がる前に
計測開始地点に差し掛かってしまいますので、
その意味でも、この駐車場は利用価値が高いと思います。

ローディーの皆さんも、この新しい駐車場を起点に、富士北麓のロングライドを
楽しんでみてはいかがでしょうか?

↓クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : 富士北麓 駐車場 富士山 ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ サイクリング ポタリング

2012シーズン始動

2011vfk.jpg
自転車ではなく、Jリーグの話です。
地元のプロサッカークラブであるヴァンフォーレ甲府
2012シーズンが、昨日始動しました。

クラブサポーターになって8年目になります。
昨年は、J1に残留するため、甲府の代名詞ともいう
攻撃的なスタイルを封印し、守備重視のサッカーを
目指したが、結果は酷いものでした。

今年は、ムービングフットボールを標榜し
熱血指導で有名な城福浩さんを監督に迎え、
「原点回帰」で人の心を感動させるサッカーを目指します。
あと2ヶ月弱で開幕ですが、今からワクワクが止まりません。

2010kose-sakura.jpg
スタジアムのある小瀬スポーツ公園は桜の名所です。
今年は小瀬に満開の桜を咲かせましょう。

↓クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : Jリーグ ヴァンフォーレ甲府

古い写真ばかりですいません・・・


ここの所、せっかく買ったスペシャのALLEZにもなかなか乗れず、
新しい写真がなかなかアップできません。
実は、3月まで自治会の役員をやってまして、
通勤以外になかなか乗る時間がとれないことが理由です。
と言うわけで、上の写真は韮崎市北部から南アルプス市へ抜ける
旭バイパスから見た富士山です。

この旭バイパスは、道幅が広く、信号も交差点も少ないため、
長い距離をノンストップで乗れます。
休日の午前中などは、多くのローディーが走っています。

また、この旭バイパスは、韮崎市の穴山橋の西詰めの交差点が
北側の起点となりますが、この交差点にある「みどりや食堂」は
山梨のラーメン好きでは知らないものがいない有名店です。
そのうち写真をアップします。

2009oshougatu2.jpg
この写真は、釜無川(富士川)左岸の堤防道路です。
はるか彼方には八ヶ岳の山並みが見えます。
上流に見えるの橋の名前は「信玄橋」です。
このあたりは、武田信玄が行った治水工事として有名な「信玄堤」です。

大昔から「暴れ川」と呼ばれた御勅使川(みだいがわ)は
昔からこの信玄橋付近で釜無川に合流し、
甲府盆地に数々の水害をもたらして来ましたが、
信玄は「将棋頭」など多くの治水技術により、
御勅使川の流れを北側に誘導し、写真の信玄橋より更に上流の
巨大な岸壁の下で釜無川と直角に合流させることにより、
御勅使川の水勢を弱めました。
さらに、合流地点の下流に堤を設け、「川除け衆」という一団を
付近に移住させ、他の役務を免除する代わりに堤防管理にあたらせました。
この堤防に沿って釜無川サイクリングロードが整備されています。

↓クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ サイクリング ポタリング ヒルクライム

乗鞍ヒルクライム

前にも書きましたが、ヒルクライムが好きです。
美しい景観と、登り切った達成感が、
普通のサイクリングやロングライドよりはるかに大きいです。

富士山や麦草峠など、大会で登ったコースも好きですが、
今までで一番楽しかったのは、乗鞍です。
8月に開催される全日本マウンテンサイクリング乗鞍は
前から出たいと思っていましたが、予定が合わず
未だに実現していません。

下の写真は、2009年8月末の、マウンテンサイクリング開催日の
4日ほど前に、遅い夏休みをとって、1人で登ったときの写真です。
タイムは度外視して、写真を撮りながらゆっくり登りました。

最初のうちは、豊かなわき水が流れる森の中を登って行きます。

2009norikura2.jpg
登っていくうちに、木の高さが低くなり、視界が開けて来ます。
ここからが、乗鞍のヒルクライムの楽しいところだと思います。

2009norikura3.jpg
遙か遠くに有名な大雪渓が見えます。
「あの雪渓の近くまで行けたらいいな」と思いながら、
ひたすらペダルを回します。

2009norikura5.jpg
やがて、雪渓のすぐ下まで来ました。
写真を撮りながら、スローペースで登ってきたこともあり、
疲れよりも、景色の美しさに感激しながら走りました。

2009norikura9.jpg
雪渓を横目に、更に上に登ります。
ずいぶん高いところまで登ってきた感じがします。

2009norikura6.jpg
長野から岐阜に入ります。上りはここで終わりです。
ここまで来るとゴールはもうすぐです。

2009norikura7.jpg
鶴ヶ池が見えて来ました。下界とは別世界の景観が広がります。

2009norikura8.jpg
ゴールの畳平駐車場です。
なお、この日はマウンテンサイクリングの出発点の
観光案内所ではなく、マイカー規制の出発点の
三本滝駐車場から登りはじめました。

このヒルクライムコースの最大の魅力は、
夏休みシーズンがずっとマイカー規制されている
ことだと思います。

車が少なく、たまに通るバスやタクシーに
気を付ければ、夏休みでも平日などは、
貸し切り状態のような気分で登れます。
平日でしたが、ロードバイクもたくさん登っていました。

注意点としては、8月中でも下りは防寒着と
フルフィンガーのグローブが必需品であることです。

↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ヒルクライム ビアンキ ルポ

甘利山


今日は仕事で午後から韮崎市に来ました。
釜無川の河川敷の公園からスタートです。

20120113amariyama-gate.jpg
目的地は、ツツジの名所として有名で、
6月には多くの観光客が訪れる甘利山です。
県と市の職員同行で、
冬季閉鎖中の県道甘利山公園線の
ゲートを開けます。

20120113amariyama-sawaraike.jpg
山頂へ行く途中にある椹池(さわらいけ)です。
さすがに凍っています。

20120113amariyama-santyou.jpg

山頂の駐車場からの眺望です。
ヒルクライムの大会こそ行われていませんが、
「甘利山」、「ヒルクライム」の2つの言葉で検索すると、
この山に多くのサイクリストがチャレンジしていることが
わかります。
車で登ってもよくわかりますが、かなりの激坂です。
この激坂に惹かれて、多くのサイクリストがこの道を
登っているのだと思います。
春に通行止めが解除されたら、自分もチャレンジしてみます。

↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ヒルクライム 自転車 甘利山

寒いなー・・・

2008misaki-jinja.jpg
家から20分くらいの所にあるお花見スポットの御崎神社です。
今朝も寒かった!
早く春にならないかな~
甲府盆地の底冷えは本当に答えます。
2009popii.jpg
コチラは甲斐市の茅が岳広域農道沿いのポピー畑です。
4年前に行って、すごくきれいだったけど、
今もあるかどうか未確認です。

今日は眠いのでもう寝ます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ サイクリング

山梨のサイクリング

2009nagasaka-cycling.jpg
山梨は県土の8割が山林で、涼冷な高原エリアで気持ちよくロングライドが
楽しめるコースがたくさんあります。
一つ目は上の写真の八ヶ岳南麓です。
写真では山がきれいに隠れてしまっていますが、
晴れていれば、本当にきれいな山並みが見られます。
2009kiyosato.jpg
上の写真は、清里大泉道路で、以前は有料道路でしたが、
現在は無料です。この道路も、八ヶ岳の景観がすばらしいです。
八ヶ岳グランフォンドのコースでもあります。
2009seisenryou.jpg
ソフトクリームで有名な清泉寮です。
いい歳をして、ここのソフトクリームを食べるために
必ず立ち寄ります。(笑)

もう一つは、富士北麓です。
2008motosuko2.jpg
上の写真は、オウム真理教の第7サティアンがあった事で有名となった
上九一色村の富士ヶ嶺地区から鳴沢村へのショートカット道路から見た
本栖湖です。このコースは結構アップダウンがあって、楽しめます。
湖の遙か彼方には、南アルプスの山並みが見られます。
なお、写真は2008年の撮影ですが、この自転車に乗り始めて
間もない頃で、まだサドルがかなり低くなっています。
この頃は「初々しい」若葉マークサイクリストでした。
2008motosuko.jpg
本栖湖畔の周遊道路です。国道部分を除いては、通行量が少なく、
楽しいサイクリングが楽しめます。
2008ooisikouen.jpg
河口湖畔の大石公園はハーブの名所で、夏にはハーブフェスティバルが開かれます。
河口湖の北岸の道路は、湖の正面に富士山の美しい姿を見ながら
走ることが出来る最高に気持ちいい道路です。

富士北麓には、昨年の7月に1400台のマイカーの無料での駐車が可能な
巨大な県営駐車場ができました。位置は、東富士五湖道路の富士吉田インターを
出てすぐの所で、中央道河口湖インターからも5分くらいです。
観光案内所やトイレもあり、車を置いて自転車で富士北麓のサイクリングを
楽しむ拠点としてもってこいです。

県では特にPRもしていないのですが、既に口コミで噂が広がり、
秋頃からは、ロードバイクを積んだ車がボチボチ訪れるようになり、
今年はさらに、この駐車場を利用するサイクリストが増えるような
気がします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ルポ ビアンキ サイクリング ポタリング

少し寒さが緩みました


今朝は暖かかったです。
明日はまた、冷え込むみたいですね。
今日、我が家のリビングから撮影した甲府盆地の日の出です。

20120111tuukin.jpg
仕事はピークを過ぎ、夜7時過ぎにはオフィスを出られるように
なりました。
帰りの通勤路です。通りの名前はアルプス通りです。昼間は進行方向に
南アルプスの美しい姿が見られます。
早くアルプスを見ながら帰りたいものです。

ランキングアップのため、クリックにご協力をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ

今日もいい天気

20120111office.jpg

毎日よい天気が続きますね。
写真はオフィスの窓からの風景です。
とおりの突き当たりが甲府駅前のロータリーです。
写真ではわからないと思いますが、
ロータリーの左の端に武田信玄公の
銅像があります。

上の写真は甲府駅の南口ですが、
北口を出て、右側(東側)へ線路沿いに5分ほど歩くと、
電動アシストの貸し自転車があります。
甲府市がやってるので、
半日200円、1日400円と格安です。
なお、新聞報道によれば、1月31日からは
甲府駅北口の再開発のため、貸し自転車は
北口を出て正面にある交差点の角に
移転するそうです。

信玄の館跡である武田神社や
ミレーの「種をまく人」で有名な県立美術館、
甲府市内の吉田のうどん屋などに行くのには
最適で、お勧めですよ。
ヴァンフォーレのスタジアムである中銀スタジアムや
昇仙峡辺りまでは余裕で往復できます。

↓ポチっとクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今日も寒いですね!


ここのところ、寒いので自転車サボり気味です。
明日は通勤なのでサボることが許されません。
ここがミソです。(笑)
好きでないと長続きしないというのは誤りです。
仕事だから長続きします。
上の写真は南アルプス市の徳島堰(とくしませぎ)という農業用水に
沿った桜並木です。家から自転車で10分くらいです。
2009momonohana-cycling.jpg
上の写真は、笛吹市の一宮地区の桃畑の中を走るコースで、
ここもマイ・フェバリッット・コースです。
この近くには、「甲州ワイン」のカテゴリーで紹介している
丸藤葡萄酒や勝沼醸造などのワイナリーもたくさんあります。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ サイクリング

ヒルクライム


タイムは遅いですが、ヒルクライムが好きです。
12kgもある重たい自転車で、人目も気にせず
ひたすら坂を登ります。
Mt.Fujiヒルクライムは、1昨年の初出場が1時間40分
2回目の去年が1時間44分(遅くなってる!)
そのほかにも、ツールド八ヶ岳2回、ツールド美ヶ原1回、
「完走目標」の参加ですが、だんだん欲が出てきて、
ついに3kgくらい軽いアルミロードを買っちゃいました。
ということで、今年はマジに勝負の年です。
「遅いのは体力ではなく自転車のせいだ!」という
自己分析が正しいか否かの判定が下されるときです。(笑)
2011ture-de-yatsugatake.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ ヒルクライム

安くて美味しい甲州ワイン3本目

mars-kaberune-berryA.jpg
本坊酒造の山梨マルスワイナリー穂坂収穫カベルネ・ベリーA
値段は1500円くらいです。
ルバイヤート・ルージュと同じで軽めですが、好きな味です。
何度も書きますが、この価格帯のワインの中では本当に美味しいです。
スーパーでフランスやチリ産の1000円前後のワインを買うよりは、
甲州ワインの味をお試しください。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

tag : ワイン 甲州ワイン 国産ワイン マルス 本坊 穂坂 カベルネ

終わった・・・


仕事始めから昨日まで仕事がハードな日々でしたが、
なんとか結果が出ました。
人の繋がりの大切さとありがたさを感じています。
プロジェクトの可能性を信じて予算を付けてくれた人の
気持ちになんとしても答えたい。頑張ります!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 サイクリング ポタリング

早くも挫折・・・

2009-4桃源郷サイクリング1
早くも2日ほどブログの更新を怠りました(笑)
正月早々、いきなり尻に火がついた仕事の忙しさとなり、
ブログの更新どころではありません。

でも、自分が心からやりたい仕事、
楽しい仕事でしたので、どちらかというと
そちらの作業に夢中になって、ブログの更新を
サボったというのが正しいです。

上の写真は、甲府盆地の桃畑の風景です。
写真のスキルが未熟でわかりにくいかもしれませんが、
遙か遠くの山の斜面まで、4月上旬にはピンクの桃畑が広がります。

2009fuefukigawa-cr1.jpg
笛吹川サイクリングロードです。撮影場所は石和温泉付近です。
4月頃から幟(のぼり)が立ち、4月中旬の週末には、
この河川敷を舞台に、武田・上杉両軍の合戦絵巻を再現する
「川中島合戦戦国絵巻」の大型イベントが行われます。

2009-3arakawa1.jpg
甲府市西部を南北に走る荒川サイクリングロード(右岸側)です。
ここからの南アルプスの眺望は、自分が一番好きな景色の一つです。
あと、3ヶ月の辛抱で、一面ピンクの絨毯の景色の中を
自転車で走れる季節が来ます。
ブログをごらんの皆様も、ぜひ一度走ってみてください。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ビアンキ ルポ サイクリング ポタリング

仕事始め通勤


今日から仕事始めです。降水確率は夜まで20%未満でジテツウ日よりです。
気温はかなり低めですが、厚手のアンダーにアディダスの厚手の
長袖サイクルジャージとナリーニのウィンドブレークジャケットで防寒は完璧。
これから出勤します。

20120104tuukin2.jpg
愛車2号のビアンキ・ルポが通勤の足です。
キャットアイのワイヤレスサイコンにL2Dのライトを装備。
通勤距離は南アルプス市から甲府駅前まで、約13km弱です。

20120104tuukin3.jpg
この4車線の道路が通勤経路の8割を占め、
左折の巻き込みさえ気を付ければ、
今までほとんど危険な場面はありませんでした。

20120104tuukin4.jpg
開国橋です。冬場は毎日きれいな朝焼けを見ながら走ってます。
少し右に目を向けると、
20120104tuukin5.jpg
富士山が美しい姿を見せています。

20120104tuukin6.jpg
甲府駅からまっすぐ南に延びる平和通りです。
ここは歩道が広い上に、自転車と歩行者レーンが分離されていて、
快適に走れます。勤務先はここから5分くらいです。寒かった!

なお、帰りですが、なんと甲府市内も夕方から雪が舞い、
家の近くの南アルプス市はうっすらと積雪があり、
後輪が滑る・・・
おい!気象庁、どこが降水確率20%だよ。
と言いながら、何とか帰宅しました。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ルポ ビアンキ 自転車 通勤

甲州ワイン2


お奨めのリーズナブルな甲州ワイン第2段です。
甲州市勝沼の丸藤葡萄酒工業所の赤ワイン
ルバイヤート・ルージュ2006です。
写真は飲んでしまった後です。すいません。

1,596円とお手頃な価格ですが、
スーパーの1000円前後のチリ産のワインとは
比べものにならないくらい美味しいと思います。
ワインとしては軽めかもしれませんが、
チョイチョイ飲むには、このくらいが自分には
ちょうどいいような気がします。

ルバイヤートは、今から20年ちょっと前に、
同じ職場の人に教えてもらい、ちょこちょこ
飲むようになり、長い付き合いになりました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

tag : 国産ワイン 甲州ワイン ワイン

2012年 お正月ポタリング 1月3日

お正月ポタリング1月3日
今日は愛車2号のビアンキ・ルポで軽く流しました。
場所は甲府市西部を南北に流れる荒川サイクリングロードです。
下りは正面に富士山を眺め、気持ちよく走れます。
20120103arakawa-minamialps2.jpg
富士山に向かって右を向くと南アルプス連邦です。
主峰の北岳は、日本第二の標高、間ノ岳は日本4位です。
2009minamialps.jpg
南アルプスから更に右を向くと、八ヶ岳連峰が見えます。

甲府盆地のサイクリングは、日本で1番、2番、4番の高さの
山をはじめ、八ヶ岳連峰などの美しい山岳景観を見ながら
走ることが出来るのが最大の魅力だと思います。
さて、明日から仕事だ。ブログの更新もちょくちょく
出来るように頑張ります。
20120103arakawa-fuji2.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク ルポ ビアンキ 自転車 ポタリング サイクリング

2012初詣ポタリング

2012初詣
今日は、昨年末に購入した愛車1号のスペシャライズドALLEZの
慣らしを兼ねて初詣に行きました。

初詣は、近所の若宮神社に行った後、武田神社に行くのが
毎年の定番となっています。
武田神社は、信虎、春信(信玄)、勝頼の3代の居城で
現在は国の史跡指定を受けて、正式名称は「武田氏館跡」です。
2012初詣
山梨で最も人出が多い初詣スポットですが、2日正午の時間帯で、
待ち時間は30分弱でした。神社の前の売店で甘酒を飲むのも
毎年恒例です。
お賽銭を100円しか上げないのに、1万円分くらい願い事をするのも
毎年恒例です。今年も良い年になりますように!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク・ツーリング
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ポタリング サイクリング スペシャライズド アレー

アルガブランカ・イセハラ2011

自分は酒が好きです(笑)

若い頃はビールと焼酎のみでしたが、40代後半の4年間ぐらいで
仕事の関係で山梨のワインを飲む機会が増えました。
門前の小僧も興味が湧いてきて、ワインに詳しい酒屋に
チョイチョイ顔を出し、安くておいしい甲州ワインを教えてもらいました。
お金持ちではないので1500円前後のものが中心ですが、
自分のお勧めのワインを紹介します。まず始めに、一押しの白ワインです。
お勧めの甲州ワイン
甲州市勝沼にある勝沼醸造が作る甲州種ブドウ100%の白ワインです。
アルガブランカイセハラ2011」 @2,730円

甲州種100%の白ワインは、最近のヨーロッパやアメリカの和食ブームに
着目し、「和食に合うワイン」としてヨーロッパへの輸出の動きが
加速しているそうです。

白ワインのコメントで「フルーティー」という表現を使いますが、
甲州種で作った白ワインは、もともと味も香りも「おとなしめ」ですが、
自分はこのワインを飲んで初めて、「フルーティー」とはこういうことかと
思いました。
アルガブランカのワインは、2007年からJALがファーストクラスの
ワインに採用するなど、知る人ぞしるワインとのことです。
特に、このイセハラは本数が少なく毎年12月頃の売り出し時期を逃すと
入手が難しく、今年も一応5本キープしました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

tag : 国産ワイン 甲州ワイン ワイン 勝沼醸造 アルガブランカ イセハラ

ブログのタイトルについて

このブログのタイトルですが、「碧色」は「そらいろ」と読みます。
「碧色のクロモリ」は、「愛車たちです」のカテゴリーでもご紹介した
自分の愛車2号であるビアンキのルポのことです。
2009eco-cycling
最初に買ったスポーツサイクルですが、選んだ理由は、
その色とデザインに一目惚れしたからです。
昔からエメラルドグリーンなど緑色系のカラーが好きで、
ブログのタイトルもこれにしました。

(以下wikipediaの引用です)
ビアンキの自転車は伝統的にチェレステという緑色に近い青色で塗装される。
イタリア語で「Celeste(チェレステ)」は「碧空、天空」を意味する。
このチェレステはイタリアのマルゲリータ王妃の目の色をモチーフにした
という伝説があり、実際に創業者であるエドアルド・ビアンキが、1895年に
マルゲリータ王妃に歴史上初の女性用自転車を彼女のために制作し
献上した際に、その乗り方を指導している。
また、その年のミラノの空の色を見て現地の職人が色を調合するとも
言われており、チェレステカラーは毎年微妙に違った色になっていると
されている。
緑色に近い青色という通り、青みが強くなる年もあれば緑色の強い年もある。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク・ツーリング
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ ポタリング サイクリング

愛車2号です!

2009エコサイクリング
愛車2号は、ビアンキのルポです。
2008年モデルです。同年2月から乗り始め、4年間乗っています。
通勤は基本的にルポです。

クロモリフレームにシマノのtiagraのコンポ、
ビアンキでは、シクロクロス車として位置づけていますが、
重さが12kg以上あり、ランドナーに近いでしょうか?
デザインと色に惚れ込んで即買いでした(笑)

富士山、八ヶ岳、美ヶ原などのヒルクライムや
Mt.Fujiエコサイクリング(写真)や八ヶ岳グランフォンドなど、
この自転車で無謀にも多くの大会に出て、愛着もありますが、
12kgはさすがにきつく、「本番用」はスペシャライズドの
ALLEZにその座を譲りました。

通勤や、近所の買い物など、街乗りは気軽に乗れるし、
なっといってもクロモリで、錆だけ気を付ければ
丈夫で長持ち。これからも長い付き合いになりそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ルポ ビアンキ ポタリング サイクリング

愛車1号です!

愛車1号

愛車1号は、スペシャライズドのアレー・コンプです。
昨年のボーナスで買いました。
解散してしまったチームモデルのデザインなので、
3割引でお買い得でした。

フルアルミのフレームにカーボンフォーク、
パーツは大部分が105です。

通勤は今までどおり、ビアンキのルポですので、
愛車1号は、ヒルクライム、チャレンジ200や
グランフォンド用です。

本日、初めて長い距離を乗りました。
やはり、12kgあるルポよりは軽い感じです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ロードバイク 自転車 ポタリング サイクリング アレー スペシャライズド

プロフィール

penchan

Author:penchan
山梨のシニアサイクリストです。
メタボ対策で40代半ばで自転車にのり始め、その楽しさにすっかり魅せられてしまいました。
山梨のお奨めのサイクリングルートなどもご紹介しますので、ご覧ください。

はじめまして!
2009eco-cycling

毎日富士山を見ながら、通勤は碧色のクロモリを、遊びや大会はカーボンロードを転がしています。

検索フォーム
カテゴリ
fc2カウンター
fc2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR